「ほっ」と。キャンペーン

TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

いろいろ、いろいろ。

c0016905_11331910.jpg

すっかりブログの更新がまたご無沙汰になってしまいました。
名古屋VIOでのヒロシワタナベ展は無事に終わりました。今回このイベントを支えて頂いた
皆様へ心から感謝しております。本当にありがとうございました!
このイベントは普段の夜中に行われるスタイルではなく、開始も7時終わりは10時半という具合に
誰もが気軽に来てもらえる様にしました。前半は僕の写真をDVDで流し、TINY BALANCE2として本来
リリースを予定していた作品をこの機会に流しました。僕はTiny Balanceの音楽と共にキーボードで演奏をし、
心地よかったです。そして、写真の後半は名古屋用に新たに制作をしたDVDを流し、マイクで写真の解説を
しながら上映を致しました。なかなか難しかったですが、でも初めての試みとしては満足です。
c0016905_1133335.jpg
次回はもっと、1枚づつの写真をゆっくりと見せながらよりのんびりと解説やその写真についてお客さんと
語り合えたらと思っています。そして、写真上映が終わった後、曽我部くんをステージに招き、
フリートークショーを展開致しました。これが何だか面白かったです。お客さんもジュータンの用意された床に
のんびり座る人もいればテーブルで食事を取る人もいれば皆リラックスする中で、僕ら二人は子供に付いてや
家族の事、写真や音楽の事を気ままに語り合い、その間に2曲、曽我部君には折角だからとギター1本で
歌を披露してもらい、その内1曲を突然曽我部君に誘われ”テレフォンラブ”という曲のサビをなんと僕は
皆の前で一緒に歌ってしまったりとハプニングもあり、会場は和やかでした。(笑)
人前で歌った事は無かったので正直僕は恥ずかしくて仕方なかったけど、でも何だか楽しかったです。
ある意味、歳を重ねる事で何でも受け入れる事が出来て来ている事も確かで、いつでもベストを尽くし、楽しむ
という事を心掛けて行きたいと思います。
そして、休憩をはさみイベント後半ではLIFE,LOVEのライブを二人で存分に演奏をして最後は今回の
フライヤーのデザインもしてくれたDJのアゴさんにバトンタッチ。無事にイベント終了。
また絶対にこういうイベントを開きたいと思います。VIOに来て下さった皆様、本当にありがとうございました!
c0016905_11334373.jpg


そして、ブログが更新出来ていなかった理由はいくつかありまして、
まず、以前にお伝えをしたか忘れてしまいましたが12月にギリシャよりリリースしていたGENESISという
アルバムをタワーレコード企画によって完全日本盤としてボーナストラックを収録しリリース致します。
そして、同じく12月にHMV企画によって今回実現が出来たKAITOオリジナルトラックを使用したKAITO DJ MIX CDを全国のHMV店舗のみの販売でリリース致します。この二作とも作業が同時進行となり実に身の引き締まった思いで作業をしておりました。ジャケットも最高なものが出来ています。表も裏も中身も全て気合い入っていますよ。もちろん内容も凄いですよ。まず、GENESISのボーナストラックはタイトルが『The First Existence』
と言い、HIROSHI WATANABEとしてのこのアルバムをここで改めて終結させるものとして気合いで作り上げました。GENESISを以前聴いている人もそうでない人も是非この機会に触れてもらいたいと思います。ジャケットもギリシャ盤とは違い、表紙も一工夫して一見同じ様で違いを付けていますよ。中身や裏は全く新たに今回の為に作り込んでいます。楽曲ごとのイメージを写真で探し、中を開けると見る事が出来る様になっています。
是非、曲を聴きながら見てもらえると嬉しいです。
そして、KAITOのミックスCDは、タイトルを『a moment for the life』と付け、このKAITOというプロジェクトを初めて既に7年は過ぎた今僕自身で作品をまとめてミックスが出来た事をとても嬉しく思っていますが、それぞれの僕の気持ち、時期を同時に切り取った様な流れの作品集になったと思っています。何度も書くと口説くなってしまうのですが、真面目に気合いを100%入れてミックスをしています。是非、聴いて頂きたいと思います。近日中に作品リストとジャケットを公開致しますね。
今月は再び名古屋に行きJB'SにてDJもします!

では。


PHOTO* 4歳くらいのカイトかなぁ。バックの木の葉っぱの形が気が付いたらハート型になっててビックリした。何だか良い写真だなぁって思ったよ。
[PR]
by tinybalance | 2008-11-16 12:11 | MUSIC