「ほっ」と。キャンペーン

TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

KAITO 3rd ALBUM

c0016905_9271996.jpg

先週は渋谷のSECO LOUNGE、最高に盛り上がりましたよ。
僕もKAITOの新曲を3曲程試しに演奏してみました。まだまだ変更をしていく要素はあるものの、
かなり良い出来で満足です。ドイツのケルンからはPOPNONAMEが来日し出演。
彼のパフォーマンスは最高だったよ。ギターも弾くし、歌うし、振りなど演出が凄い!!!
とにかく会場は盛り上がりました。また写真もアップしますからね。

ところで、KAITO 3rd ALBUM制作の方はと言いますと予定では今年の6月、夏のリリースとなるのですが、
2月末に27、28日ですね、KOMPAKTのMichael Mayerが来日して大阪、東京とプレイしに来ます。
その時が一応僕の中で全ての作業を終えようと思っていて日夜完全精神統一中です。
やはり改めて思うのだけど何故かこの音楽は夜、人が寝静まった頃が一番精神的に集中出来てはかどるんだよね、、、
2月一杯はしばらくの間は完全に夜メインで作業をしている感じです。
体調の管理だけはしっかりしないといけませんね。
今回のアルバムの楽曲は自分自身でもまだまだ未知数です。正直にどんな内容になるかは全ての曲が揃わないと
自分では予測が着きません。因みに只今5曲出来上がっています。
KAITOというプロジェクトを始動して早7年なんです、、、
その間に2枚のアルバムをリリースした訳ですが、振り返れば随分間がそれぞれに空いていて自分でもその年月の
重さを感じざる終えません。長男のカイトはもう4年生なんですから、、、無理もないな。
カイト本人は僕が作るKAITOの新曲をお家で延々流していると、『虹の上を走っている様だね!』と
何とも嬉しい表現をしてくれていたよ。どれかの楽曲にはそんなタイトルがきっと付くかも知れないね。
確かにここ数週間、ずっと集中してこの作業をしてきているのだけど、
徐々に自分自身の中の何かが此処でない何処かへと気が付くと飛んで行っている感覚が湧いて来る。
僕はその感覚になる時をずっと待ち望み、時に生み出すという快感と苦しみの中でじっとそれを楽しんでいる。
音を作り出すという行為は一体何なのだろうか?と時に自問自答しながら、、、
時間という感覚を忘れた時、僕は僕で無くなっているのかも知れないと思っている。
僕は今年の6月で38歳になろうとしている、以前、40歳という自分を目指してどう生きるべきかと
何度も考え、不安に思っていた事を覚えているが、今、後2年足らずでその40歳という歳に自分がホントに
なろうとしている。その僕はというと、今がとにかく楽しいと思えている。
正直に自分は幸せ者だと思う。ただ一つ言える事は子ども達が見る見る内に大きくなっていってしまう事が
正直に少し寂しいだけだね。それはホントに寂しくも嬉しい事なんだ。
親から離れて行く後、残された時間の中で果たしてどんな素敵な事を親である僕らは子どもに魅せてあげられるのか?
それだけを考えて今後もやって行こうと思う。
という事で、無事に全ての作業をあと3週間で終え感無量と思える作品を作り上げたいと思っています。
また時々レポートしたいと思います。
[PR]
by tinybalance | 2009-02-09 09:58 | MUSIC