TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

GR Diary 7/19

c0016905_18161867.jpg
ラリサという場所はとても奇麗な街でした。
ツアーの一日目として、木曜日という事もありお客さんの入りもまぁまぁな感じだったけど、とても楽しみました。
基本的にギリシャの若い子達には普段聴く音楽としてロック、ポップ、インターナショナルなものからドメスティックなもの、
そして、エレクトロダンスミュージック、それからブズキと言われる所謂何と言うか、
ギリシャのトラディショナルな音楽を踏んだんに取り入れたポップミュージックがあって、
実は国民のかなりの割合の若い子達はそのブズキという音楽を聴きまくっているんです。
言葉ではちょっと表現しにくい音楽なんですがとにかく、とっても音楽として必要不可欠なものらしいんです。
車のカーステレオから流れる爆音もヒップホップやダンスミュージックよりもブズキが多かったり。(笑)
クラブであってもブズキのクラブの方が実は人が沢山集まって盛り上がったりもしているんです。
ただ、この世界的な経済恐慌のあおりはここギリシャでもとても深刻です。
クラブも殆ど夏のシーズンだけ営業をして冬は皆お金はあまり使わないで我慢している状況がギリシャの現状の中で、
更にこの不況はとても深刻ですね。若い子達の新たな状況として、外に出て遊ぶのだけど、どうもお金を殆ど使わないという
現象が起こっているらしいです。クラブに行っても一杯だけビールを頼んだらそれだけ。とにかくお金を使う事を避ける
らしいです。これはイベントを行う側としてとっても大問題です。やはりバーでお酒を買って貰ってもらわないとどうにも
ならない訳でして、、、実はこれはお酒に関してだけではなく、音楽であれ何であれお金という物を使わないで、、、
という状況は恐らくはギリシャだけではなく世界中で起こっているのではないでしょうか。
目紛しく猛スピードで変化していく世の中ですからね、自分が出来る事を信じて遂行するのみです。
今後はそれももの凄く強い信念を持って行かないとならないと思います。
何故か自分は海外に出て行くと日本にいる時よりも感情のセンサーが膨張してよりセンシティブになってしまいます。
今後、世界がより平和であって誰もが自分の夢を持って生きて行ける世の中であって欲しいです。
絶対に自分の事だけを考える思考は必要無いと思います。
生きていて本当に必要な事は感謝という事だろうと思います。
ありがとうという言葉を何度でも使って生きて行きたいですよね。
因みにギリシャ語ではありがとうを『カリストポリ〜』って言いますよ。
実際にはカリストって聞こえるけどもっと複雑な言葉を使っているのだけどそのままそう聞こえるので言うと
ちゃんと通じてくれます!(笑)バイバイは『ヤス〜』元気?〜は『ティカニス?』
日本語で相づちを入れるうんうんやそうそう!っていうのは『ネ、ネ』って言うの。
お早うが『カリメラ』、お休み〜が『カリニヒタ』。

一昨日(17日)はアテネのヒルトンホテル最上階にあるギャラクシーバーという所でプレイして、
昨日(18日)はケファロニアという西に位置する島でプレイしてきました。
また報告します!
[PR]
by TinyBalance | 2009-07-19 18:18 | DJ,LIVE schedule