「ほっ」と。キャンペーン

TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

12/11今晩、ASIAからMADO

c0016905_9424767.jpg

今晩11日の公演は僕にとっては今年最後となる日本でのKAITO LIVEとDJになります、
まず、夜1時20分からClub AsiaにてKaito Liveを行い、その後はMado Loungeにて
3時半よりラストまでDJします!!!
来週末はモスクワのPropagandaというクラブにてDJをしに行きます。
きっと恐ろしく寒いだろうなぁ、、、、以前大寒波直後にモスクワ入りした事をブログでも
書きましたが、その時の現地の気温はなななんと、マイナス35度弱でしたからね。(笑)
機材が壊れるかと不安でしたよ。

解斗はその後も学年閉鎖で学校休んでます。
来週から再開です。

年末は毎年思うけど、のんびり過ごそうとしてもどうしても何かこう、気持ちを焦らされるというか、
年賀状を書くのがギリギリなのがそう思わせるのか、、、
是非とものんびり気持ちをさせて2010年を向えたいです。
というか、2010年宇宙の旅のあの2010年をもう僕たちは迎えようとしているんですよね。
2001年の時も映画のタイトルから、え!もうそんな年なの?と思ったのですが、
2010年ですよ、、、、少し前に感じていた未来的な時を今僕たちはこうして生きているんですね。
確かに新聞に出ていた記事を読むと、もう実際には2時間半の宇宙旅行というものをアメリカでは
専用の旅客機を準備し、ビジネスとしてスタートしているらしいですからね。
大気圏外に一旦出て地球を眺めたら帰還するらしいです。
もう既にかなりのお客さんの数が申し込まれているみたいでした。
確かにそれは凄いなぁと思う。

人間がいよいよ個人レベルで地球という星が実は大きそうでとても小さい存在だという事に気が付く
時代になるのでしょうかね。
宇宙そのものの大きさを素直に自分の心の中で想像をさせればこの星の大きさがどれほど小さいかは
容易に想像は出来ると思うのだけど、普段はなかなかその認識が薄れ、生活に追われ忘れてしまう。
でもなんで僕たちはそういう壮大な空間の一部として命を持たせて貰っているのだろうか???
本当のところはきっと死んだら分かるのだろうな。
その真実をもし知れる時が来るのならそれは本当に楽しみだよ。

音楽を作り続けよう。
時々人に話しをするのだけど、僕の音楽の想像の一つの元となっている幼少期の出来事に、
実は映画のスターウォーズから魅せてもらった世界感は全てが衝撃的に感じてる。
あの映画は映像も音楽もとんでもない。どんなオモチャよりも凄いインパクトだった。
宇宙という空間を感じる音楽をもっともっとこれからも作るよ!!!





*PHOTO 東京大学のキャンパス内にて
[PR]
by tinybalance | 2009-12-11 09:44 | DJ,LIVE schedule