「ほっ」と。キャンペーン

TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

モスクワ SHANTI ~ ウィーン FLEX

c0016905_23411580.jpg
c0016905_2341326.jpg
c0016905_23414872.jpg
Photo from http://www.lookatme.ru/galleries/77279

Moscow

モスクワでの公演はとても温かなムードの中で終始演奏が出来て本当に心地よ良かった。
皆が同じ空気を一緒に吸っているかの様なその一体感は何とも言えない嬉しさと喜びがある。
今回ライブを行ったSHANTIという場所はもう何度もモスクワ公演を行う中で経験をしている場なので
スタッフやお店のオーナーともとても馴染んだムードで終始終えられた事は何とも喜ばしい。
このクラブの凄いのはかなりマルチな側面をもったクラブである。本気でお茶を飲む事を楽しみたい
人には中国式でお茶を自分自身で入れてくつろぐセクションがあったり、様々な民族のコレクションを
置いてあるギャラリーがあったり、バーがあったり、食事だけを楽しみたい人のセクションもあったり、
そして、クラブのセクションは実は地下でまるで洞窟の様な作り。
鍾乳洞を潜り抜けるとその行き着く場所にフロアがある。それは秘密の空間の様にも思える。
だからSHNATIには不思議な魅力がある。

今回のロシア滞在は4日間。サンクトペテルブルグでは結局聞いてみるとマイナス28度まで下がって
いたよ。この街は海と川に側面しているので湿度も日本の様にある感じで寒さの感度は異常な程に高い。
今年の冬はヨーロッパ全域で大寒波が訪れていた訳で、ロシアであってもこの異常さは約20年ぶりらしい。
モスクワでの公演の次の日はあまりの大雪の為僕は殆どホテルで待機し、夜だけ友人達と食事をし、
真っ白な雪に覆われた街を少し探索した。ホテルに戻るとそのまま僕は時差ボケで不規則に来る眠気に遂に
ダウンし、眠りに着いた。出発の当日の朝、この旅で感じている何かを音にしたいと思い曲を作り始めた。
思った通りに自分の中から何かが込み上げている勢いに逆らわずそのまま一曲が完成した。

Vienna

モスクワから僕は次の行き先となるオーストリアのウィーンへと行く為にまずドイツのデュッセルドルフへと
飛び、KOMPAKTのクルーと共に車でKOMPAKTのオフィスのあるケルンへと向った。ケルンへは約40分程で車で着いた。
しばらくの間ケルンに滞在することになる。そして火曜日にウィーンへと向った。ケルンからは2時間程であっという間に着いてしまう。
だた、向う時にヒコーキのエンジントラブルで3時間も乗ったまま待たされ、、、最終的には別のヒコーキへと
乗り換える事となり、到着の予定時刻を大幅に過ぎてしまった。現地には余裕を持って着けるはずだったが、、、
食事をする間も無いという事で空港のマックでビッグマックを買いそのままFLEXというクラブへ直行した。
もちろんサウンドチェックも無しのぶっつけ本番となってしまったのだけど、、、火曜日というのに2月というのは学生さん達は皆
学校が休みという事もあるのか、クラブ内は沢山の人だった。このFLEXというクラブは元々パンクバンドのライブハウス
から始まり今に至る老舗らしく、その風貌もかなりのもの。歴史が匂いとなり染み付いている。
ウィーンというクラシック音楽の似合うこの街にFLEXというクラブがある事にとても嬉しくなるのだった。
オーストリアの人達は皆ドイツ語が標準語らしい。次の日はウィーンの街をぐるっと案内をしてもらいながら
ケルンへと戻って来た。
ケルンの天候はなかなかスカッと気持ちの良い天候にはまだ恵まれていないけど、、、でもそれでも春の兆しを確実に
感じられる。
[PR]
by tinybalance | 2010-02-25 23:44 | DJ,LIVE schedule