TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

東北地方太平洋沖地震

この地震によりこれだけの数の尊い命を一瞬にして奪われてしまった。
この日は決して一生涯忘れる事の出来ない記憶となり、心に深く焼き付いた事と思う。
今なお被災地でとても苦しい状況に置かれ懸命に生きている皆さんどうか頑張って下さい。
一日も早く必要な物資が届く事を願い、全てが正常化するその日までずっと心から応援しています。
そして、このとてつもない巨大な震災によりお亡くなりになられた方々へ心からご冥福をお祈り申し上げます。



僕ら音楽を作っている者は、今この震災を前にしてとてもモドカしい気持ちで一杯なんだと思う。
どうやって自分がこの何も出来ないという気持ちを整理しながら前を向けば良いのかと、、、
特に自分の場合は歌を声一つで歌える訳でもなく、今まさに節約しなくてはならない電気を使わなくては
絶対に作る事の出来ない音楽であったりする。まさしく、この出来事によりこの当たり前に供給されている
電気という存在を思い知らされてもいる訳で、、、失って初めて感じる大切さというものを見付けられるのは、
人間のサガなのだろうか、、、出来れば失う前にその大切さにもっともっと気が付き、共に共有している時にこそ、
それぞれの役割、大切さを電気の事だけでなく、無論、人という事で置き換えれば余計にその事は痛切に感じる事である。
失う前に知る。そんな単純な事がどうして出来ず、こんなにも難しいのだろうね、、、
恋人でも、夫婦でも、家族でも、友達でも、仕事仲間でも、何であっても同じ事は起こってしまうのだ、、、
生きていられる間にもっと心を研ぎ澄まし、何かを失う前に大切な事を感じられる人になりたいものです。
結局、そこには常に代え難い重き理由がある事ばかりなのだけど、、、、
話を音楽へと戻すと、僕の作る音楽は電気があって初めて成立する音楽である。
そして、その電気で作る音楽へ僕は可能な限りのエネルギーを人生を通じて注いで来ている。
シンセサイザー、コンピュータ、で作り上げられた音楽でも人の心を暖かくする事は出来ると信じて、
ずっと今まで一心不乱に作って来た。それはこれからも変わらない。
この行為は僕のこの人生の中で止める事は決して出来ないのだと分かってる。
この行為は紛れも無く、自分の命の尽きるまで続く宿命だと思っている。
もしくは言い換えれば僕自身、いつどこで何が起こるかなんて分からない人間の一生を、
いつその時が来ようと、後悔をしない人生で居られるかという答えを常に持つべく選んだ道だと信じている。
自分の行為をアートだとか思った事も一度も無い、そんな事はどうでも良いし正直興味も無い。
ただ、魂を揺さぶる、揺さぶられる行為をたまたま音楽という選択をし、し続けているだけだ。
今回の出来事も魂を想像も出来ない程に揺さぶられた。
生きているのなら燃え尽きないと意味が無いね。
そう自分に問い掛けられる日々である。

Kaitoというプロジェクトの中で「Trust」というアルバムをリリースした時に作った
The Breath Of Springという楽曲があるのだけど、この曲のファーストテイクがあってね、
アルバムに入っているバージョンとは違うバイブがまたこのテイクにはあるから、
原曲を知ってくれている人もそうでない人も是非時間があれば聴いて下さい。
気に入って貰えたら友達に回して貰って構いません。
リンクを伝えて貰って構いません。
皆でテンションを少しずつ持ち上げて行きたいと思って。
特に被災していない場所にいる僕ら、現場で苦しんで戦っている人達の為にもまず僕らの気持ちを立て直そうよ。
もう既に誰よりも先にそうして行動をしている人が沢山いる。自分もそうしたいだけなんだ。


HIROSHI WATANABE


The Breath of Spring "First take" from Kaito/Trust (16.2MB/MP3/256K)
Download


[PR]
by tinybalance | 2011-03-15 01:46 | MY SELF