TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

The First Light

c0016905_23594443.jpg

突然ですが、BandcampにてHIROSHI WATANABE Unreleased Tracks Collection
と題し未発表作品をリリース致しました。

その第一弾は、タイトルが The First Light というもので2002年に制作してた作品です。
オリジナルと別バージョンの2トラック入りです。
http://hiroshiwatanabe.bandcamp.com/album/the-first-light

どこのレーベルからという事ではなく、Bandcampを利用する事で僕自身で今後は
新旧問わず出したいと思った作品を少しでも多くリリースして行きたいと思っております。
勿論、引き続き各レーベルとも進展はあると思っていますし今迄通り
KOMPAKTやKLIK RECORDSからなどのリリースもして行きたいと思っております。
ただ、こういう世の中です。実際には各アーティストが自分自身のネットワークを使用し、
リスナーの皆さんへとより特化して向けたメッセージを一層強めて行く必要があると思っています。
勿論ダウンロード販売だけではなく様々なフォーマットでリリース出来たら良いですよね。
作品とは全てがどこのレーベルでもフィットするものではそもそも無いです。
こういう形であってもある意味では制約の無い自分の音楽をいつでも販売出来る様になった事は
とても喜べる事でしょうね。
僕は音楽は無料という考え方は持っていませんし、ユーザーの皆さんにも楽曲を購入するという事そのものが
僕達の様に制作をして人生を支えている者を正に支えて下さっている真のサポーターだと思っております。
youtubeなどで巻き起こるストリーミングはそういう意味ではどんなにプレイされても
直接的に僕達にはなんの利益もありません。
誰もがプロモーションになれば!と思いながら利用している事でしょうし、
知らない人がアップしている自身の曲であれ、目をつぶっている訳です。
僕の場合も同じですが、ある曲によってはその付けられた映像が見事にマッチしている
素晴らしい物もあったりします。
そういう出来事は唯一、youtubeでアップされた中の嬉しい出来事になる訳です。
ただ、これも音楽側からの話であり、映像がゼロからのオリジナルでなければ、
またその映像すらも何処からか無断に使用をしたものである事になってしまいます。
中には良心的にクリップの注釈に細かく購入方法のリンクなどを貼っているモノも見受けられますが、、、
それから最近ではプレイ回数の多いクリップに関してはコンテンツIDというものを取得出来れば
広告収入が入るという仕組みにもなっているらしいです。なので最近はやたら広告が始めに流れる
ものが多く見受けられますよね。
ただ、これはメジャー級のクリップや、想像以上の回数で観覧されていなくてはyoutube側は認可しない様です。
ですのでこのシステムはこと、アンダーグラウンドな僕らの音楽には現状は全く不向きです。
CDというフォーマットがまだ少しでも販売数として残っていればそれは僕達にとっては素晴らしい事です。
しかし、時代の流れの中でそうでは無くなる様であれば現状今見えている様々な手段をやはり利用してい行く事しか無いのでしょうね。


http://hiroshiwatanabe.bandcamp.com/album/the-first-light
[PR]
by tinybalance | 2012-11-17 23:50 | SHOP