TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

豆まき

c0016905_4101961.jpg

昨日はというと、午前中は保育園での写真撮影のお仕事をしてました。
もうかれこれ解斗たちがその園にいた時から続けているこの写真のお仕事も随分と長くなる。
毎年保育園のイベントは大体の年間予定が決まっており、昨日はと言うと『豆まき』でした。
『鬼は外、福は内』先生が完全に鬼に変装をして園児の各クラスを周り驚かせて行くのだ!
子ども達にとっては実に脅威なイベントである。
1、2歳児のクラスから始まり最後は年長さんクラスの5歳児達。先生の鬼は以外にも怖く、
もの凄い迫力と勢いで『悪い子は誰だ〜〜』と大声で猛威を振るい、
子ども達は一斉に逃げ惑い、その場は悲鳴の嵐と化する。(僕は笑いながらシャッターを切る)
3歳児のクラスにはヒリイも居て、僕はヒリイの反応が楽しみだった。
(本人は朝からマメまきを楽しみにしていたので)
鬼が来た瞬間、一生懸命に園児自作の首から吊るしている鬼のマメ入れからマメをなんとも弱々しく投げつけ、、、
中盤からは友達たちの悲鳴と発狂、号泣に完全にムードを引きずり込まれヒリイは結局大泣きだった。
挙げ句の果てには写真を撮っている僕を見付け、『パパ〜〜』と逃げて来てしまった。(笑)
先生の変装鬼でこれだけ怖がってくれる素直な子供たちを見ていると本当に心が洗われる思いです。
可愛いし、何より、本気で必死なんです。その姿を僕はひたすらシャッターを切り、
最高の瞬間を探し続ける。なんとも贅沢なライブ感あふれる撮影日でした。
解斗も悠生もそうして園を卒園し、少しずつたくましい青年へと成長をしています。
思い返せば、僕も小さい頃、大のオバケ嫌いの臆病者で『鬼は外〜、福は内〜』とお家で夜外に向かって
マメを力一杯に投げる時、その先に見える真っ暗な外が本気で怖かったのを今でもしっかりと覚えているよ。
想像力を掻き立てられてソコにいる筈のない鬼の姿を心の中に作り上げてしまう、、、、
怖かったなぁ。

でも何とも素敵な日本の一つの風習ですよね。

午後はスタジオでIBADANから出す予定の32PROJECTのトラックを制作。(まだ未完)
夜は2/2のCLUB ASIAで開催されるイベント”PULUME"の打ち合わせ。
是非、皆さん、お時間があれば2/2、遊びにいらして下さいね。
僕は夜中3時〜ラストで気持ち良くDJをしている予定ですから!

PHOTO* 自宅目の前にある児童館の公園にてヒリイくん、得意のジャンプ。
[PR]
by tinybalance | 2008-02-01 01:34 | MY SELF