「ほっ」と。キャンペーン

TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

EVERLASTING DUB MIX

c0016905_3515029.jpg

一昨日の作業の流れから、
実は昨日はずっと『EVERLASTING DUB MIX』を改めてシングル用にと作業をし直し、
正直に最高の仕上がりとなったよ。この楽曲は昨年のミックスCD用にとライブセットの中でだけで
試していたものを形にしたものだったけど、シングルとして出すからには更に完成度を高めたいと思い、
作業をしました。元々とても僕の中で思いの強い曲なだけに、実はこのDUB MIXを作る事は少しだけ当初、躊躇していた。
披露するからには責任があり、自分への責任、そしてオリジナルバージョンを好きでいてくれているリスナーの方へ、、、
その思いを絶対に裏切りたくないという気持ちで一杯だったからね。
今回改めてミックスダウン、そして構成の再編集、エフェクトの追加と色々と細かい作業を施し、
実に五感、第六感の全てに何かがほとばしる程の感覚をおぼえた。
僕は完成した音を心体で受け止め、間違い無いという実感を得る事が遂に出来たよ。
思えば、解斗があの当時まだ2歳だった、、、
『エバーラスティング』とカタカナで綴られたレコードのジャケットを見た時、
とても不思議な安堵感と心地よさ、そしてそこにKAITOという自分にその後巻き起こる沢山の奇跡があるかも知れないという
予感を何処かで感じていた事を思い出すよ。(ジャケットは写真のデータだけ送り、KOMPAKTが作成してくれたものだった)
そして、2008年、解斗はもう今年9歳になろうとしている。
それだけの月日が経ち、僕は今も彼の名前を使わせて貰いながら、
こんなにも自分の心を満たしてくれる作業をさせて貰えている。これは単なる親と子というだけでは片付けられない。
信じられないがもうオリジナルが出てから7年が経ってしまっている。
エバーラスティングを出す前に1枚、KOMPAKTからの第一弾となった『Beautiful day』というシングルがある。
KAITOのプロジェクトはここから始まっている。その当時、解斗は2歳にはなってはいない。
僕のこの壮大なプロジェクトは何かとてつもない意味を感じざる終えない、、、、
何故、自分が気が付くと息子の名前を名乗って活動をしているのか、、、、、とても不思議なのである。
解斗はもう小学生、当然僕のやっている事も話しているので少しは分かっている。
解斗の写真を使って僕の作った音楽を世界中に向けて配信しているという事を。
その事を純粋に彼にとってはとても嬉しい事として捉えてくれているみたい。
もちろん、音楽もお家でかけていればこれがKAITOだよ!と教えているよ。
彼は『うん、良いね』と微笑んでくれる。時々、音に合わせて踊りだしたりね。(笑)
僕はこのプジェククトを始める時に故意に息子の名前を付けた訳では無い。
何度かインタビューなどでも答えて来てるのだけど、
あくまでもその当時はレーベル側からの要望で日本語の名前が良いという強い要望からの結果だった。
もし、このプロジェクトが全く別の名前で始まっていたとしたら今、どう感じて作業をしていたのか、、、、
音楽自体もきっと違っていたのだろうと、、、、考えるととても妙な感覚に陥るよ。
それだけ、このKAITOというプロジェクトは僕の人生にとても大きな影響を与えているからね。
息子の名前を付けたのは僕たち夫婦だけど、でもなんだろうか、、、
間違い無く、僕は解斗という一人間から勇気と力をもらっているのだよ。
とても有り難い事であり、心から感謝しています。


EVERLASTING DUB、リリースを是非楽しみにしていて下さい。



photo* 約1年前の解斗です。悠生がまだ保育園の年長さんで夕方一緒にお迎えに行く途中でした。
[PR]
by tinybalance | 2008-02-08 01:51 | MUSIC