「ほっ」と。キャンペーン

TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

充電!

c0016905_0584060.jpg

今週末は、見事に充電してました。
先週はイベント明けから猛烈にアルバム制作のラッシュを掛けていたので正直に疲れ果てました。
ですので、週末はしっかりと睡眠も取り、日中はと言えば普段なかなか整理整頓も出来なかった、
お家の僕の棚の引き出し空間を見事に片付けました!!!!(この状況は信じられない!と言われ重い腰を上げる)
しかし、やってみるとなんと気持ちの良いものか。と改めて実感をし、満足感に浸っていました。
ちょうど、この週末にサウンド&レコーディングマガジンから依頼を受けていたある機材のレビューも
書き上げておりました。(というか機材はVESTAXのVCM-100という素晴らしいDJ用MIDIコントローラーです)
実にもうかれこれラップトップを使用したDJのスタイルにしてから約4年は経つでしょうか、、、
始めの頃はと言えば、誰もがまだまだ音質や操作感、そして何よりも現場での信頼感の薄さから間違いなく
懸念されていたと思われます。(僕はファイナルスクラッチではなく当初からTRAKTORを使用)
勿論、当時、僕の過去のレコードでのプレイを知ってくれている人達からも色々な意見を聞かされており、
とにかく賛否両論でした。ただ、僕は始めたからにはその先の事しか目に入らなくなり、ネガティブな意見に
対しては強行的に無視し、断固プレイし続けて来ました。(苦笑)当初からMIDIコントローラーは使っていましたが、
VESTAXのVCI-100という更にDJ用に特化したコントローラーの出現のお陰でプレイ自体が完全に
ソフトとのシンクロ率を究極に上げてくれる事となりました。
今、現在実ほんのちょっとだけ言いますと、VESTAXで完全に僕のオリジナルで全てのノブ、フェーダー、
各ボタンの配置を変更し一新したモデルを開発中です。このモデルは僕自身がVCI-100を現場で使い込んでみて
感じた部分、改良点、良い点、悪い点を洗いざらい見直し、現場専用機として更に特化したモデルとして
作り込んでいる最中です。いつか、現場でのお披露目をする時が来る事でしょう!
という事で、話がちょっと横道に反れてしまいましたが、、、週末はのんびりと過ごし、
家族で買い物に出掛け、頭もリフレッシュです。
よ〜し、、、明日からまた猛ダッシュ、猛ラッシュかけます!ミックスダウン&ラストインスト1曲制作。
多分、全体で74分弱な感じですね、きっと。
聴き応えある内容ですが、正直にかなり深い深い世界観で攻めております。
攻めたというよりも、自然に気が付くとそうなっていたのでそれは和えてとがめませんでした。
リスナーの皆さん、もしも内容がディープ過ぎだと感じましたら、それは嬉しくも申し訳ありませんです。
今回は正に、今の自分、曽我部くんとの間で巻き起こった、何ども書いてしまうのですが、
36歳の父親同士のコラボレーションという事で許して下さい。(笑)
ただ、真面目に命を注ぎ込んでおります。
ですのである意味、確実に神髄を問う作品に成ってくれているという自負があり、
真っ正面から受け取ってくれるリスナーの皆さんへの期待には絶対に応えるつもりです。
今作品が海外リリースでは無く、日本独自の展開である意図が音には込められておりますからね。
出来れば、アナログでもリリースをと考えています。そちらはきっと出すとすればしっかりとビートを意識
したバージョンにしたいと思っております。
今回、アルバム全体通して4つ打ち系のトラックは少ないです。
ビートで聴かせる事よりも更に音の流れ、音の映像、情景、その中に溶け込む、歌声、歌詞、
それらから巻き起こるストーリーを五感全てで感じ、そして超越した六感で最後は聴き終える、、、
そんなイメージが想像されます。
作った自分が聴いていて実にディープだと感じています。(笑)
是非、年齢に関係無く多くの皆さんに聴いて貰いたいと願っております。
ではまた報告しますね。

photo* 先月のヒリイくん。早朝、窓際にて。
[PR]
by tinybalance | 2008-02-25 01:01 | MY SELF