TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

プロセス

c0016905_5113839.jpg

確実に毎日、アルバムの作業の終わりに向かって進んでおります。
正直に言えば、この作業は終わって欲しくないとも思っているよ。
それだけ、今の自分にとってのこのアルバムを作り上げる意味が深いのだと思う。
過去に何度かあるアルバムとして出すプロセス、それは常に同じ気持ちを持って来たけど、
やはり1曲をシングルとして出す事とは全く次元が違うし、ある意味、その時に出来る等身大を
注ぎ込む訳で、、、というか、そうでないとならなく、存在する意味が無くなる。
自分の性質、性格を少し考えると、確かに真面目に捉え過ぎる事もあるのかも知れない、、、
けど、自分が自分として生きてきて、過去、今、未来と存在するべき本当の目的は自分が認識をしようが、
しまいが変わる事はない訳だ。ならば、その生き方を更に研ぎ澄まし、出来るだけ太いものとして
生きて行きたいと強く思う。
こうして、活字にして書いてしまう事で、更に僕は自分を追い込むのかも知れないけど、
それで良い。振り返ると、自分はとにかくある一定以上のプレッシャーというものが無いと生きれないのか?
と思う。正直にプレッシャーを好んでいる自分がいる。ただ、そもそも自分はとても臆病者だし、
不安性で心配性だし、石橋を何度も叩くタイプでね、、、、情けないと思う事だらけ。
でも、もうこうして自分の今の歳になって初めて強く思える何かを感じれる様になってこれたのかも知れない。
弱さを知って強くなり、嘘を知って真実を知り、傷つける事で本当の痛みを知り、
悔しさを知って喜びを知り、寂しさを知って本当の温かい気持ちを知る、優しさ、怒り、、、、、
人間とは、どんな事であれその両方の事をしっかりと受け入れないと平常心を保てないのだろうと今は思う。
正直、20代で僕はそういう事は思えなかった。
人生観として、大まかには誰にも通過する同じプロセスがあると思う、
ただ、それは実年齢とは関係がなく、人によってはもっと早くに体験したり、遅くに体験したりと様々だよね。
そういう意味で見ても恐らくは魂レベルで見て人間には見えない年齢という物があるのだろう。
そう思うと、表だけでなく、自分の人に見えない、裏も知り、表裏を一体として生きて行きたいと思う。
生きるというプロセスと、アルバムを作るというプロセスは何ら変わりはない、はずだ。
それだけ、自分に必要な答えをまた、この作業の中で見た気がした。
心から感謝しています。

アルバムのリリース時期は恐らく早くて4月末になると思います。(なるべく遅れない様にしたいです)
早く、皆さんにお聴かせしたいと思っています。

では、この終わりたくない作業を、必死に終わらせようと思います。
後少しだなぁ。



photo* 1歳の時のヒリイくん。近所の公園で桜の花びらに興味をそそられ。
[PR]
by tinybalance | 2008-02-28 06:27 | MY SELF