TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

カテゴリ:MY SELF( 58 )

術後1日目

c0016905_22483734.jpg

誰のレーシック体験談を見ていても、術後1日目の朝が一番感動を覚える瞬間らしい。
僕もその事を胸に秘め、朝を待った。目覚めた時、昨晩のモヤモヤは殆ど消え、かなりクリアな
視界が広がっていた。テレビも何もかもがやはりしっかりとクッキリ見えている。
感動と言うよりは、それを飛び越えやはり見え方が余りにも自然体過ぎ、驚くという感覚の方が
僕には表現として合っていた。でも、この手術をしたのだという事を思えば思う程に実は実感が込み上げ、
心の中でジワジワと喜びの歓喜が溢れ出てくるのである。
カメラでファインダーを覗く時も、もう眼鏡は要らないのだ。これがどれだけ心地よい事か、
眼鏡をしている人にしか分からないだろうね、、、
DJをする時も、コンタクトを付けるのも疲れている時などは仕方が無く眼鏡でするのだけど、
これが、眼鏡がヘッドフォンに当たって痛い、、、これも遂に解放されたことになる。
早く、夜空が見たい。プラネタリウムも幼かった時に自分が見ていた記憶と同じ様に遂に見えるのだ。
海、プール、温泉、この恩恵は計り知れないよ。なんて凄い技術なんだろうと感動。
ただ、まだ術後1日なので暗いところで光りや白いものをみると確かに少々ハロ現象が見られる。
ハロ現象とは角膜を切断した事でその傷口が落ち着くまでに出るレーシックの一般的な現象の事。
(光りの周りにモワっと一回り膨らんで見える現象)
これは大体少なくとも1ヶ月程で消えるのが通常らしいです。
日中、クリニックに1日目の検診に行って来ました。その時に測った僕の視力は左目2.0、右目1.5
でした。驚きです!確かにまだ自分的には乱視の補正が不安定に感じたのでその旨を伝えると、
やはり1日目なので当然安定はしていないらしいです。これも時間と共に安定していくとの事でした。
今は、夜11時ですが、もうモヤは殆ど無い感じです。
目薬は1日に5回です。

ちょうど手術がお盆時期で、しかも北京オリンピックに重なり、興奮が興奮を呼んでおります。
全ての日本人選手にエールを送っております!感動にまた感動が日々生まれていますね。
アスリートという生き様をこれだけ魅せられると本当に圧巻です。ストイック過ぎます、、、、
僕もまだまだだと思いました。頑張りたいと思います。
4年間に掛ける選手達の思いとは、想像を超えていますね、、、凄過ぎます。
メダルを取れなかった選手は確かに悔しいのだと思いますが、そもそもオリンピックという場で
闘えるエントリーをしているだけでどれだけ凄い事かと思いました。選手皆さん、感動をありがとう。

僕の経験で良ければ何でもお答え致しますので、もしもレーシックに付いて何かお悩みでしたらいつでも
直接メールをして下さいね。



(写真は今回、僕の目の手術をして下さった青山院長先生です。とても優しい素敵な方ですよ)
[PR]
by tinybalance | 2008-08-17 23:15 | MY SELF

無事に終えましたよ〜〜〜〜!

c0016905_03758.jpg

皆さん、
アイレーシック(iLASIK)の手術、無事に終えました。
みっちりと詳しいレポートはまた再度致します。
(手術後当日はあまり至近距離でのパソコン作業は目に良くないらしく)
簡単に書きますね。

とにかく、当たり前ですが、緊張は確かにしました。
ただ、何というか、安堵感もあり、それはきっとクリニックの雰囲気、
受付の方から看護婦さん、先生、手術の助手を務めている先生、誰もが本当に
温かい笑顔と優しさで終始声を掛けてく頂いた事からでしょうか、、、、
そして何よりも手術を施して頂く先生への信頼というものが大きいのだと思います。
本当にここを選んで良かったと心から思います。
(詳しくは後日)

そして、実際の手術ですが、温かな雰囲気の中、緊張を解きほぐして頂け、
見事両目を手術室に入ってからトータル約15分間で終了しました。

散々情報集種をしていてイメージがあったので何が起こるのかは殆ど分かっているものの、
自分の想像が実際の作業を上回り、膨らみ過ぎていた事が良く分かりました。(笑)
フラップを作るまでは緊張は最大でしたが、作り終え、角膜にレーザーを照射して補正する作業では
もう僕はとてもその空間が居心地の良い場所へと変わっておりました。
不思議な程落ち着いた空間で僕はレーザーのカチカチカチッという音や匂い、
光り、先生の声、全てを正直楽しみましたよ。
完全に自分が近未来の映画の世界に入った主人公になった気分でした。
自分から見える範囲で見える機械、光りなど全てがそんな感じですからね。


終えた後、ゆっくりと別室に通され15分の休息、
そして診察、そして帰宅。
c0016905_032771.jpg

今日は車で家族皆がお迎えに来てくれたので手術の内容を子供やママに伝えながらまだモヤのかかった
僕の視界が何だか不思議で、夜の街の光が奇麗でした。視力は術後しばらくは安定せず、
先生曰く今晩はまだ0.4位かもしれないけど明日にはかなり見えているよ!と言っておりましたね。
今は夜11時48分、モヤがかかっている視界はまだ残っています、
だけど、視力はどんどんと落ち着いて来ている感じがします。
少々ゴロゴロ感はあるのだけど、予想以上に術後は違和感はありません。
まだ正直眼鏡無し、コンタクトレンズ無しで自分が本当にいるという事が不思議過ぎて実感が無い感じです。
ジワジワと裸眼でいる自分というものに幸せを感じております!!!

今日だけは1時間に一回ずつ幾つかの目薬があります。
明日から1日に5回です。


あっ、結局結構書いちゃったなぁ。(笑)

また明日が楽しみです。

Natural Vision 高輪クリニックの青山院長先生、そしてクニリックの全ての方々、本当にありがとうございました。
安心して全てが行えた事に心から感謝の気持ちで一杯です。

大きなクリニックとは違い、ここは全ての工程を同じスタッフ、そして手術をする青山先生が初めから
最後まで一人の患者さんと親身になって診察して頂けます。
僕的にはこの安心感はとても代え難いものがあると思います。
確かにiLASIKは現在最もスタンダードなレーシック手術であるIntra-LASIKよりも高額ではあるし、
金額を考えると悩ましい事はあると思いますが、正直に僕は自分の場合、
一番自分に合った判断が出来たのだと思います。


(白内障に付いての豆知識)
手術前日の晩、CLUB ASIAで井上薫くんと一緒だった時に薫くんから聞かれた事があって、
その事を昨日先生に尋ねました。
薫くんも聞くとレーシックをやりたいと思っていたところ、ある方から今後いつかに白内障になった時に
レーシックを受けていると手術は出来ず、失明してしまうらしいという事を聞き、
手術を受けるか悩んだという事でした。その旨を先生に伝えると、先生の答えは、
『それは心配しないで構いませんよ、白内障の場合に人工のレンズを取り替える手術は、レーシックで
行う場所とは全く違う場所であり、レーシックの術後数年以内の場合での白内障という事であれば、レーシック
を受けていてその為の診断書を作成する必要性はあるのだけれど、基本的には何も問題はありませんし、
ワタナベさんの様な年齢でレーシックを受け、将来白内障にかかる様な年齢に達した時にはもう何も関係の無い事に
なっていますよ』との事でした。
[PR]
by tinybalance | 2008-08-17 00:04 | MY SELF

おひさしぶりです。

c0016905_2351783.jpg

ほんとにすいません、、、、ブログの更新出来ていませんでした。
と言いますのも楽しく、そして大変過酷なギリシャサマーツアーを無事に終え、
日本に戻ったのも束の間、僕は嬉しくも家族で沖縄へと1週間再び旅立ちました!!!
僕の奥さんのお母さんが沖縄の人なので親戚が大勢沖縄本島におりまして、ワタナベファミリーは
とてもラッキーな旅が出来るのです。(旅費がまともにはかからないで済みます)(笑)
とにかく、この沖縄旅行の模様も出来ればゆっくりと後日お伝えをしたいのですが、
沖縄から遂に東京に戻って来てからというもの、どうも頭が旅行のまま、沖縄、ギリシャで完全にモードが
おかしくなり、なかなか正常に戻りませんでした。
でも、その間に、既に恵比寿LIQUID LOFTでケンセイくんらとDJプレイ、そして今年2月にお世話になった
静岡の袋井市にあるVAL-BALOにて久しぶりの気合い入りまくりの6時間プレイをしてきました。
ノンストップでこの夏は続いています。
カイトとユウセイは僕たちと別れ、更に1週間沖縄に滞在をし、通算2週間まるまるを彼等は沖縄で今年の夏を
堪能した訳です。で、子ども達は昨日戻って来たところです。もう元気元気、疲れて帰って来るかと思いきや、
沖縄テンション炸裂で沖縄の言葉まで沢山覚えて帰って来てね、この夏は最高だった!と豪語しておりました。
僕は正直に彼等が羨ましかったな。良いなぁ、子供って。と。(笑)
と、そうこうしている内に夏休みもドンドンと進み、僕は今晩渋谷のCLUB ASIAで井上薫くんらとDJをしたら、
明日は、いよいよ、、、、、以前にお伝えをしていた通り、、、、、
レーシックの手術を致しますよ。

僕が今回手術を受ける場所は品川駅から歩いて8分程の場所にあります、
Natural Vision 高輪クリニックというところです。
最終的に僕がここに決めたポイントはとにかく手術を施して下さる先生への信頼が大きいです。
診察を受けた時の印象、クリニックは6月にオープンしたてですのでとにかく明るく清潔感のあるとても奇麗な場所です。
オープンしたてと言ってもここの青木院長先生はもう過去に数万件の手術をご自身でされて来ているエキスパートです。
僕の不安や有りとあらゆる質問へとても親切にそして親身になって答えて下さった事がとても印象に残ります。
ここではiLASIKというNASA認証のレーシックをメインに行っておりますので、僕もiLASIKを今回は受ける事にしました。
緊張をしていないと言えば嘘ですが、とにかく、この日を待ち望んでいた事は確かであり、不安35%期待65%な感じです。
失敗という事はまず有り得ない手術ですのでそういう変な不安よりも、僕の場合は既に知識ばかりで頭でっかちになって
しまっている事で行われる事が全て分かってしまっているという事からいざ自分がされるという少々の恐怖心からくる緊張です。
ではASIAに向います。実に今日が僕の最後の眼鏡の日となり、眼鏡姿でDJプレイをする最後となります!!!!
眼鏡よ、ありがとう。そしてお疲れさま。
また追って手術体験談もアップしますね。
お楽しみに!!!!
[PR]
by tinybalance | 2008-08-15 22:59 | MY SELF

いよいよ終盤です。

c0016905_4493875.jpg

ギリシャツアーは順調に進んでおります。
前半を時差ボケと共に終え、後半戦に入る前に体調を少し崩してしまいましたが、
今は体調もバッチリ戻っています。昨日、ナフパクトスという素敵な街へ行きました。
木曜日でしたが、とても大勢の人が来てくれて大盛り上がりでした。嬉しかったですよ。
今はカラマタという街にいます。あと3日間頑張って、いよいよ東京に戻ります!
写真を交えてじっくりとまた報告をしたいと思いますね。
では!
c0016905_4491772.jpg

(恥ずかしい位にクラブの周りに写真入りでポスターが貼られています。)(笑)
[PR]
by tinybalance | 2008-07-26 05:02 | MY SELF

NEST

c0016905_2322894.jpg

一昨日の晩は宇都宮にあるNESTというクラブでライブとDJセットを融合したセットだった。
宇都宮に行ったのは初めてだったけど、とにかく、お客さん達の雰囲気の良さに嬉しくなったよ。
音への反応がとても敏感でプレイをしていてとても楽しめました。
皆、本当にありがとう。
また是非、行きたいと思います。

ところで、レーシックの事だけど、、、、
実は明日を予定していた手術を一時断念致します。
というのは、必ずこの手術は僕は受け、メガネ&コンタクトとは本当にオサラバする事は決めています。
だけど、少々今回の決断には病院を決める上でレーシックの沢山の種類の中から自分自身がやって後悔をしない
為のリサーチにもう少しだけ時間を掛けるべきと最後になって思い立ったのです。
この手術は基本的には後戻りの出来ないものです。基本的と書いたのは、人によっては角膜の厚さに余裕のある人のみ、
再度手術を受けられる人もいるという事からです。
ですので、基本的には一生の内一回と考えるならば絶対に後悔のしない為にトコトン時間を掛けて調べ尽くし、
自分がもしも万が一術後に何かあったとしても納得の行く選択だったのだと思える場所でなくてはならないという事に
気が付きました。自分の性格からしてやはり術後を色々と想定して値段だけでは決められないという事も分かり、
今回の診察時に先生に言われた通り、検査は三ヶ月間有効なのでその間に色々と他の病院も行って見て、
もっともっとリサーチをしてからでも遅くはないよと、、、、、そうする事にしました。
何か気が付くと早くその環境を手にしたいという思いから焦っている自分が居たので、一度冷静に再度病院選び、
すなわちどのレーシック手術を受けるべきかをあと少し時間を掛けて選ぶ事に致しました。
レーシックの手術が出来る医院、クリニックは本当に沢山あります。そして手術の種類も今は豊富です。
レーザーを発射する機械のレベルなどでも大きく金額も違います。
もう少しだけ書くと、アメリカのNASAが宇宙飛行士へ唯一認めているiLASIKという現在のレーシック手術の中で
もっとも最先端な技術が実はある事を知りました。
僕が受けようと思っていたイントラレーシックという方法にも幾つか場所によって機材の違いから術後の違いを見受けられます。
で、このiLASIKというのはこのイントラレーシックを更に精度に磨きを掛け、個々それぞれの眼球に合ったデータを基に、
より精度を高め、的確にレーザーをコントロールして照射するというものらしいです。
もちろんのこと、お金も少々上がります、、、、(ここは辛いのですが)
ただ、一生と考えるとどうだ?と、、、少しの金額の差でもしもその後自分が何か後悔をして
精神的な苦痛を被ってしまったとしたら?と、、、、
まだ最終的には決めていないし、書いた通り幾つかの場所で診察を受け、
カウンセリングをして自分に完全にフィットした場所でやろうと思っています。
という事でまだまだレーシック日記はしばらく続きます。
術後の条件などを考えると7月半ばにギリシャ2週間ツアーもあったり、その後に家族で旅行の予定だったり、
その間にある自分のDJやLIVEを考えると、、、ちょっとだけ先送りになりそうなんですけど、、、
早くて夏休み中、どんなに遅くてもベストな決断をして年内には済ませようと思います。
もしブログを読んでいる方で体験者の方がいましたら是非またお知らせ下さいね。とても助かります。
おおにしさん、貴重なコメントありがとうございました!

PHOTO* 年長さんだったカイトです。何ともマックのこんな凄いTシャツを着たおじちゃんが居たんです。僕もカイトも釘付け!!!
目立つよねこのシャツ。
[PR]
by tinybalance | 2008-06-30 23:06 | MY SELF

角膜検査終了

c0016905_957843.jpg

昨日はレーシック手術を行う前の細かな検査をして参りましたよ。
僕はある意味でコンタクトを装着する事にも慣れているのもあり、実際の検査では
眼球を麻酔して器具で触られたり圧されたりしましたけど、怖さもありませんでした。
それよりも瞳孔を全開にさせる為の点眼薬をされ、検査中に強引に瞳孔が開いた状況になるんですが、
そちらの方が気分がちょっと嫌だったですね、、、光りはボヤけでにじみ、普段見えている近い距離のものが
上手くピントを合わせられなくなります。この状態で4、5時間はいなくてはなりませんでしたよ。
因みに僕の選んだクリニックでは患者さんの数が半端ではなく、延々と広い検査場の中を大勢の人達が
挑んでおりましたね。毎日、しかも平日でこの混み方だと年間を通したらとんでもない人数になるのだろう、、、と驚きました。
とにかく、皆、ある意味ではチャレンジャーなんだなぁ、、、と長い事ここにいる人は眼鏡、コンタクトに耐えてきたのか
と思うと勝手にお互いに知らない人達なのに同情心が芽生えてしまったり、、、(笑)
結局、僕の検査結果は問題なく希望するイントラレーシックというレーザーでフラップというフタを作って
角膜にエキシマレーザーという光線を当てて補正する手術をする事に今のところ決まりました。
ネットでも色々と調べてみたり、失敗談などもガンガン検索してみてはいるのだけど、
結局は周りの既に経験した人間から直に話しを聞く事で自分を安心させる事にしました。
舞台でずっとお世話になっている鴻上さんにレーシックやってみます!と言ったら、
『お!メガネとおさらばですね!僕も4年前にやりましたよ!』と驚きの答えが返ってきました。
一番悩ましい部分は最終的な視力の設定は現在の技術では不可能であくまでも目安として1.0〜2.0という事であったり、
その後に人によって差はあるものの暗い場所での光りの見え方にも眩しく見えたりぼやけたり、ドライアイになったりと色々みたいです。
よく言われる老眼に成り易くなるのでは?という疑問は、先生に細かく尋ねた所、結局手術を受けた年齢によってその年齢に適した
通常の目の良い人が表れるであろう老眼といものが手術をした時点での年齢によって出てくるだけで、
それは手術の問題というよりは年齢だと言われました。ただ、近視の人は近視によって老眼を抑えているという現象はあって、
目の良い人よりは老眼になるのは遅いらしいです。(ここの駆け引きは悩むポイント)
僕は37になった所なので先生はまだ出ないよ。とは言ってたのですが、、、
ただ、僕の診断をしてくれたその先生はちゃっかり近眼のメガネをしてるんです、、、(爆笑)
あれ、先生は?と尋ねると、、、『うん、僕はレーシックやらない。近視で抑えられている老眼をわざわざ早く出したく無いから』って
あっさり答えられてしまった。『う〜ん、、、』と悩みがその時点で爆発し、、、正直、考えてしまった。
内心では、オイオイ!という気持ちと、そうかそうか!という気持ちに同時にかられ、、、最終的な先生のアドバイスとしては、
音楽家にとっての目の重要性を軸に考え、僕には正確には分からない部分があるだろうからね、この検査結果は3ヶ月有効だし、
じっくりと考えてからにしたら!
というものだった。
一応、7/1に僕の手術の予定は入れてある。
さぁ、どうするか。
でもまぁ、結局じっくりと様々なメリットと多少のディメリットを考慮しても、、、
やはりメガネ、コンタクトはもうこれ以上使用はしたく無いというのは本音であり、気持ちは変わらない。
僕の視力は裸眼で両目0.04でした。乱視もかなりあるのでこの状態ではもう何も見えません、、、、
願わくば、丁度良いくらい、2.0まで上がらずに1.2もしくは1.5で治まってくれればと思うのである。
(その方が近くを見る時に疲れないらしい)
実のところ言うと普段の生活というのも大事なんだけど、もしも仮に大災害などに遭遇した時の事を考えるととてもとても、
メガネ、コンタクトは恐ろしいのです。その二つが何らかで無くしたり、破損した場合、最悪な事が起こる。
親としても家族に自分が迷惑なんて掛けてはいられない状況でそれはマズい、、、、
子供たちにパパ、こっち〜なんてそんな時に誘導されていたら悲しい、、、、


以上、報告でした。

引き続き制作です〜。

PHOTO* 幼稚園年長さんの時のユウちゃんです。朝からテンション高かったなぁ。(笑)今はもう2年生だからね、、、早いよ。
[PR]
by TinyBalance | 2008-06-27 10:42 | MY SELF

睡眠

c0016905_2320345.jpg

やはり、単なる若さだけではもう自分も生きてはいないので、、、睡眠も大事に思います。
こういう仕事をしていると、時間はどうにでも出来てしまい気が付くとメチャクチャです。
まだ多少は子ども達、家族で動いている事もあるので朝で調整をして整えている部分もあるのですが、
限界も来ます。体は何よりも大事に考えなくてはいけないですね。
スポーツをしっかりと何かやりたいと思いつつ、、、時がどんどんと流れてしまいます。
ユウちゃんとサッカーの練習をするとか、、、今は本当に微々たるものなので、前々から自分自身で
どうしても習いたいと思っていた合気道でもやはりやるか、、、、
僕にはどうしても趣味というものが気が付くと無いというか、、、趣味が全部自分の表現となって、
仕事となっている事もあり、頭を完全にオフにするという事が出来ず、パンパンに一杯になってしまうという事もあって、
そういう意味ではスポーツは絶好の行為だと分かっているんです。
大きな声で言いたくないけど、減量もしないとマズい。(笑)
健康の為。家族の為。自分の為です!!!!

最近は久しぶりに映画を見る事には猛烈に気持ちが湧いてて、、良い趣味になりそうです。
作るとか、表現とかという事を常日頃延々と考えて来ていると何を見ても頭がそういう方へと引っ張られ、
結局休める事が出来ない所謂職業病が出てしまうので、、、そういう気持ちをオフにして何でも
楽しめる様に努力をしたいものです。本当に素晴らしいものというものはそんな事は一切に考えずに済むものですからね。
そんな時は言葉というものは必要がなく、ただただ、感動をするんですよね。

舞台音楽制作、まだまだ続きます〜。

PHOTO* 先日、家族でROUND1というレジャー施設に遊びに行って来ました。その時のヒリイくんです。
[PR]
by tinybalance | 2008-06-25 23:40 | MY SELF

恵みの雨

c0016905_032058.jpg

東京の週末はしっとりと雨が降り続けております。
水という当たり前にある事を前提に生きていた少し前の時代には考えられない程、
今ではもっとも大切に考えなくてはならない生活資源ですよね。台風で巻き起こる自然災害はとても恐ろしく、
時として各地域で大災害を巻き起こすが、とにかく雨が降らなくてはボクたち人間、植物、動物、と皆が生きて
行けなくなってしまう。日本のこの梅雨という季節はそう思うとなんと貴重で有り難い事かと大人になった今の自分は
やっと思えるのである。子ども達には僕の世代では感じれなかった事をより沢山教えて行かなくてはならないととても
責任感を感じる。
最近では雨水を上手に利用する人々が増えているという事を度々耳にする。
雨水をしっかりと溜め、その水で植物に水を与えたり、ビルなどでは随分と前からトイレなど
飲む必要の無い水への循環利用などに使われている。
どの環境問題を取り上げた番組を見ていても日本という国が持つ、最先端の環境技術というものが挙げられる。
世界に先駆けてボクたち日本人がもっともっと普段の生活の中でそういったシステムを上手く利用し、
そして何よりも全世界のお手本になれる様な環境に対する知識と実行力のある国民となる努力をしなくてならないので
あろうと思う。
とても大変な事だと思うのだけど、でもそうして行かない事には活動は本気では広がらないのだろうね、、、
出来れば、こうした発達した最新技術というものが今の地球の環境汚染や温暖化を食い止めるレベルまで達して
欲しいと切実に願うのである。その為には自分自身、他人事ではなく、他力本願でなく、実践し、まずは仲間、
そして地域、社会全体へと声を挙げて団結していかなくてならないのだろうと思う。
皆でより一層これらについて意識を高めてゆきたいと思うよ。

日曜日の午前中、家族皆で以前から見たかった映画、プロウィンドサーファー飯島夏樹さんの半生を描いた
「Life 天国で君に逢えたら」を見たよ。3歳のヒリイにはまだ早いのは当たり前なので見ている途中に話に感動して
涙ボロボロの僕の上へよじ登って来たり全くだったけど、、、(笑)でも、そもそも自分たちが観たいというのが先だった
けど、何よりも子ども達に命の大切さ、大事さを映画から少しでも見て取って欲しいという事があった。
ストーリーはもうご存知の方が多いと思うけど、主人公の夏樹さんが家族を残し、ガンと闘って悔しくも亡くなってしまうという
実話からの映画なだけに内容もそして、演じる俳優さん達の素晴らしい演技にどんどんと深く感情はハマり、
次男のユウセイは僕もうダメ、、、と途中言い出した、、、でも良いんだよ、悲しかったら泣いて良いんだよと、、、
ユウセイに伝えたその瞬間にユウセイは我慢していたものが溢れ出て映画の最後まで大泣きだった。
カイトはじっと悲しさを堪えながら観ていた。きっとユウセイにとっては自分自身が誰かの悲しさで涙が止まらないという
現象を訳が分からなかったのかも知れない、、、でも命というものの尊さを子供ながらに映画を通じてボクたち大人
以上に近くに感じ、寂しさだけでなく、死の恐ろしさ、まだまだ生きて8年の息子にとっては大きくそれらの感情を感じた
のだろうと思った。見せてあげたい映画はこれから沢山あるな!言葉だけで一生懸命に説明をしているよりも実に良い
勉強だと思いました。
ヒリイが年長さん、もしくは小学1年生にでもなったらもうバンバン見せよう。ヒリイはまだまだ当分の間は爆弾小僧なので
とにかく何をやるにも大変です。(笑)

「Life 天国で君に逢えたら」、本当に素晴らしい映画でした。


PHOTO* ユウセイは6月からFC東京のサッカースクールで奮闘しています!頑張れ。
[PR]
by tinybalance | 2008-06-23 00:49 | MY SELF

無事に終わりました。

c0016905_21144083.jpg

STB139初出演、今回は中川くん、浅野さんとスペシャルユニット「SHAMPOO」で演奏を致しました。無事に終わりました。ライブの内容もとても素晴らしいものが出来たと思います。限られた時間の中で精一杯に演奏をする事が出来たと3人で満足でした。お客さんとの新たな出会いもあったり、とても充実しておりました。STB139のスタッフの皆さん、皆素晴らしい方々で心地よく出来ましたよ。ありがとう。またこの3人で演奏を出来る事を願っております!その時はまたお会い致しましょうね。

そして、17日の夜中はSTBからYELLOWに駆け込み、KAITO LIVEをしてきましたが、とにかく火曜日だろうがお客さんの数は半端ではありませんでした。デリックの前に僕は演奏しましたが、お客さんのノリも最高で、僕も何度も出演させて頂いたYELLOWの最後のステージを最高のテンションで終える事が出来ました。皆、ありがとう!!!
デリックのプレイは強烈で圧倒でした。流石にリズムというものが体の隅々まで染み込んでいるマジシャンの様に見えたな。リスペクト。

遂に、7月頭に僕はレーシックレーザーで近視、乱視の手術を遂行しますよ。
正直に恐怖は無いのだけど、未だにこれだけ長い事目の見えない人生を過ごして来ると、裸眼でそのまま世界が明るく見えるという事が想像出来ず、半信半疑なんです。でも、既に僕の周りには沢山の方々がこの手術をして明るい世界を手にしており、いよいよ僕もその世界を体感しようと決意した訳です。遂にメガネくん、1DAYコンタクトくんともオサラバさ!
ただ、角膜の検査にパスしないと全ては台無しなんです。その検査に通ったら、また報告致します。

ドラえもんの舞台音楽、頑張ります〜。



PHOTO* 5年も前のカイトです!4歳直前という事になるなぁ。という事は現在のヒリイと同じなんだぁ、、、信じられない。3、4、5歳ってほんとに可愛いよね。
[PR]
by TinyBalance | 2008-06-20 21:17 | MY SELF

楽しかったです。

c0016905_225219.jpg

日曜日のサルーンでのパーティにいらして下さった皆様、ありがとうございました。
とても楽しい夜となりましたね。DJ/LIVEパフォーマンスにとって、お客さんとは本当に大事であり、
ボクたちの感覚を何倍にも膨らます事の出来る力をお客さんは持っています。
そして、双方の持つ力と波長の相乗効果により、ボクたちは更にお客さんを楽しませる事、グっと来させれる事、
泣かせる事が可能になるんですね。その場が一体になる時というのはもう異次元空間となる訳です。
その場に居て、その場にはもう居ない。魂が何処かに飛んで行っている様な感覚なんです。
プロとして行う以上は常にそういうテンションに持って行くという事は心掛ける訳ですが、
時々そういう中でもこの日は格段に感覚が凄かったという日、完全に記憶が飛んでるかの様な日という日を向えます。
この日、サルーンでのプレイは正に僕はそんな感覚に陥っておりました。
皆さん、とても楽しかったです!ありがとう。
是非、またお会い致しましょうね。
日曜日のイベントはちゃんと夜でも電車のある時間に終わるのはとても健全で良いです!
体に優しいです。(笑)
いつでも僕は太陽が出て来て明るくなってしまう前にお家には帰りたいものです。(笑)


PHOTO* もう随分前の夏のユウちゃんです。幼稚園年中さんの時くらいかなぁ。黄色い水中メガネが良いでしょ!
[PR]
by tinybalance | 2008-06-10 22:59 | MY SELF