TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

カテゴリ:MY SELF( 58 )

久しぶりのプラネタリウム

c0016905_2259367.jpg

先週末、運動会の先日は横浜にある「こども宇宙科学館」という素敵な場所へ家族で行って来ました。
随分前に僕もここへは遊びにきた記憶もあり、プラネタリウムもここはとても
大きなドームを使っていて凄い迫力があり気に入っています。
各階にある面白い設備で散々遊んだ後、最後に皆でプラネタリウムを観ました。
いつ見ても面白いね。奇麗でした!
『銀河鉄道の夜 -Fantasy Railroad in the Stars-』というプログラムが同時に組まれており、
CGを駆使した素晴らしいアニメも上映されました。心地よく、僕もついつい居眠り、、、、
横を見たらユウセイもグ〜、、、その横でヒリイもグ〜、、、3人でグ〜、、、でした。
ところで、最近色々と周りの人から直接『レーシック/レーザー療法』で目の視力を完全に回復
された方にお会いする機会が多々ありまして、、、、その度に僕も必ずやりたい!と思うのです。
眼鏡、コンタクトを装着しなくてはならない者にとって、裸眼でそのまま生活が出来るという
事の羨ましさ、そして憧れ、そして思い出と言ったらそれはそれは大きいのです。
今僕は眼鏡、もしくは1Dayソフトコンタクトを使用しているのだけど、しんどいんです。
疲れるんですね、ちょっとドライアイ体質な事もあり、非常に目が疲れます。
なのでこの手術を施せば人生が心機一転するはずなんです。
決断をしてこの手術をした人は皆、幸せだと口を揃えて言うのです。
ああ、やりたい。ちょっとちゃんと調べていつか近い内に必ず実行しようと思います。
実際には角膜の厚さを調べ、可能か不可能か分かるらしいです。
そこで不可能と判断されてしまったとしたら真っ暗になりますけどね。
でも、本気です!!!!


photo* 科学館にあった大きなロボットの顔の部分に登るカイト!


KLIK 5 year birthday partyでの模様を動画でアップしています!
HIROSHI WATANABE LIVE at BSB in Athens
[PR]
by tinybalance | 2008-06-03 23:16 | MY SELF

大運動会!

c0016905_1030118.jpg

昨日は土曜日の雨で延期になっていたカイト、ユウセイの小学校の大運動会だった。
今日もまた東京はこの曇り天気なので実に見事な運動会日和となった訳だ。
今年はカイトもユウセイも二人ともリレーの選手ににも選ばれていた事から、子ども達にはバレていなかったと
思うが、実は僕の方が緊張していたのかも知れない、、、、(笑)
僕にも選手に選ばれてというプレッシャーは痛い程分かる。足が早いというのは良いけど、
その分の抜かれたらマズいぞ〜という思いは子供ながらに相当なものだと思う。
(僕はそうだった)
始まってみると快晴の真っ青な青空のもとに子ども達の懸命な姿に素直に感動した。
小学校がなんと130周年記念ともあり、盛り上がりも必然でもあったのだけど、度々起こった、
会場の放送設備の不備により、BGMが上手く流れなかったりデカ過ぎで割れてたりと残念な事もあったが、
(仕事柄、ここの部分だけはどうしても許せなかった(笑))
(会場中央のテントの下で僕が全てをコントロールしたいくらいだったが、、、)
それでも子ども達はめげず、懸命に自分たちの出番を精一杯に披露してくれていたよ。
肝心のリレーもユウセイもブッチギリで爆走し、カイトもアンカーだったけど、前との差をかなり縮めての
ゴール。僕はコーナーでシャッター切りまくり!!!爽快だったぁ。
爽快だったけど、あまりの日光の強さにかなり焼けてしまった、、、、ヒリヒリです。
次のイベントで会う時には僕は既に常夏を通過していた人となっている感じです。
ただでさえ、会う度に焼けてるねぇと言われるのに更に焼いてしまった。
堂々と、子供の運動会で焼けました!と答えるとしよう。(笑)
毎年恒例の保護者による綱引きもあり、僕も参加!全身筋肉痛である、、、、
しかし、青空の下で大声を他のお父さんたちと張り上げて精一杯に綱を引くこの気持ち良さはやみつきになる。
来年もまた参加しよう。
子ども達みんな昨日はお疲れさまでした!とても楽しかったです!



アルバム、「Life,Love」聴いて下さいね。(笑)
[PR]
by tinybalance | 2008-06-02 10:57 | MY SELF

aaaaa,,,

c0016905_4424673.jpg

ああああ、更新が出来ずでした〜。
現在、様々な作業が集中している為気が付けばこんなにもブログを書いていませんでした。
すいません、、、舞台音楽の制作を二つ同時に行っている状況で、ライブやDJでした。
YELLOWのKAITOライブ、そして、昨日は寒かったですけど、お台場での渚ではKAITOでの初のアンビエントを
意識したライブセットで試みました。結果はとても良く、自分でも新たなライブの可能性に驚きました。とても良いセットでした。
また是非、アンビエントライブ、行いたいと思います。

その間に、無事、ヒリイくんも幼稚園生となり、ホッとしております。
まだまだ園に慣れるのは時間は掛かると思いますが、
そこは3番目です、カイト、ユウセイとは違い始めからかなり飛ばし気味です。
入園祝いに、ヒリイくん待望の仮面ライダーの変身ベルト(現在は仮面ライダーキバです)
その名も”キバットベルト”をプレゼントしました。
もう完全に成り切っています。変身するのにかなり時間を要しておりますが、(笑)顔が本気です。
ベルト装着したヒリイくんも近日お見せしたいと思います。
ユウセイも実はそのベルトが羨ましいらしく、こそこそと子供部屋に隠れて持って行き、装着しておりました。(笑)
何を隠そう、僕自身も保育園、小学生の時にはベルトをして何処でも変身をしていたクチですからね、気持ちはホントに分かるよ。
子供が成り切っている時というのは100%ですからね。本人にとっては全てがその世界に成っていますからね。
想像とはなんて素敵な力でしょうか!
ヒリイはヘルメットをかぶり、ベルトを着け、剣を持って、『悪いやちゅをやっちゅける!』と言い切っています。
『オバケも剣でぶちゅ』と言ってました。(笑)
我が家には最強の戦士がいるのです!

制作の日々はもうしばらく続きます。頑張ります!

photo* ヒリイとユウセイが公園の柵に一緒によじ登っていました。ヒリイはお兄ちゃんの小学生帽子をかぶっています!


僕もそうだった証拠
[PR]
by tinybalance | 2008-04-15 04:43 | MY SELF

春になりましたか?

c0016905_11191090.jpg

やっと春になった様な天気ですね今日は。
でも北風が強くまだまだ寒くは感じますね。
関東地方の桜はもう何処もほぼ満開でしょうか。本当に毎年毎年、
この時期になりますと何と奇麗な花なんだろうと、見とれてしまいますよね。
日本では4月というのが学校でも仕事でも節目ですが、この春到来を感じながら、
そして美しい桜を見ながら再び新しい気持ちへ変える事が出来る事はとても素晴らしい事と思います。
新入生、そして新しく社会人となる皆様にとって素敵なスタートとなり、
素晴らしい1年が迎えられます様に!
家の目の前には児童館、公園があり、子ども達の元気で弾ける平和で幸せな声が鳴り響いており、
ついつい微笑んでしまいます。
携帯ゲームなんか持たずにガンガン外で遊びまくれ、子ども達!!!!
大人になればいくらでもやりたければやれば良い、だけど、今しか出来ない事を今して欲しい。
子供には子供の必要な事が沢山あるよ。
それは携帯ゲームを手にする事では無いと、僕はやはり思うのです。


PHOTO* 2006年の夏のカイト。夏になるといつでも真剣に虫を採る事しか考えなくなります。(笑)
[PR]
by tinybalance | 2008-04-01 11:21 | MY SELF

この二日間。

c0016905_22271026.jpg

昨日、今日と撮影の仕事をしておりました。
昨日は、知り合いのある素敵なピアノの先生が教える生徒さん達の、1年に一度のお披露目をする
ピアノリサイタルで、子ども達の真剣勝負をしてる素晴らしい情景をこちらも真剣勝負で収めて行きました。
実に感動的で、充実した撮影となり自然に僕自身の気持ちも彼等と同調し、緊張と興奮というステージ上でとても大切な
その二つの要素が体全体で感じられ、とても快感でしたね。
僕もステージにあがり、確かに彼等の立場となる機会があるだけに実に良くその気持ちが分かり、
子供ながらに健気にもその勝負に真っ正面から立ち向かい、たった一人で舞台で演奏をするという行為を素直に凄いぞ!
と思った。こういう経験を小さい時にするという事はとても大きくなる上で大事な心の要素となる事は間違い無さそうだ。
ただ、それは設けられた環境にもよるのかも知れない。
その現場にはとても素敵な空気が流れ、ステージの袖では先生が生徒一人一人に対して掛けている言葉があった。
始める前の緊張をしている子ども達に優しく安心をさせ、戻って来た時にも先生は一人一人にまた、言葉を掛ける。
その生徒が素晴らしい演奏をすればもちろんのこと、逆に緊張の中演奏という意味ではつまずいてしまったり、
上手く練習の成果というものが出せなかった生徒であれ、誰もにとても素晴らしかった。よく頑張ったよと声を掛けていた。
特に子ども達へはそういった励ましと誉めるという事がどれだけ大切か知れないと思う。
それだけでグングンと伸びて行くのだ。
それはまさに魔法の様に。
いつでも忘れないでいようと思う、この子ども達への魔法を。
今、解斗、悠生はサッカーにチャレンジしている最中で、今日も実は知り合いの元プロサッカー選手の方に直接指導をして
貰える機会を設け、便乗して僕も色々と細かくサッカーに付いてここぞとばかりに聞きまくった。
基礎の基礎から初め、序所に子ども達もテンションが上がり少しずつだが今持っている実力というものを見る事が出来る様に
なる。上手く行くときもあれば行かない時もある、まだまだ初めたばかりで安定もしていないし出来っこない事も多々ある中、
それでもいいぞいいぞ!と声を掛けて行く、それだけで子ども達は見事に可能性をフルに発揮しだす様はなんとも人間の持つ
可能性というものに驚く。いつもの様に地元のサッカークラブで多くの友達たちに混じり練習をしているのとは少し違い、
直接3時間みっちりとレッスンを受け、実に充実していたと思う。本人達の顔が違っていた。
今日は改めてスポーツの良さを知れた日だったかも知れない。練習の中に笑顔が絶えなかった。
サッカーをする前の午前は保育園の卒園式の写真を撮りに出掛けていました。
こちらはこちらで記録班でしたが、やはり真剣勝負。
ある意味、とても濃い二日間でした。


photo* 僕のスタジオから眺める景色で、その晩はとても空気の透き通った奇麗な空に星が沢山見えました。
[PR]
by tinybalance | 2008-03-23 00:17 | MY SELF

1st day

昨晩のSHANTIでのKAITO LIVEは本当に最高だった。何よりも気持ちが良かったし、
お客さんも実に楽しんでくれていた。海外でいつも感じるのは必ずと言っていい程来てくれる人は
日本という国に深く興味を持ってくれていたり、日本人に対してとても興味を持ってくれている事が分かる。
ギリシャであろうと、ここ、ロシアであろうと、また、ドイツやベルギー、オランダ、何処に行っても
現地のお客さんが僕に日本語を一生懸命使って話をしようとして来てくれるのには本当に嬉しくなるよ。
そんな彼等とライブやDJの後にお話をすると大体の人は現地の大学で日本に興味があったから学んだのだ!
というの。嬉しいよね。そして、とにかくその憶えた日本語を使ってコミュニケーションを取ろうとする姿勢。
素敵だと思う。昨日もLIVE中にノートの橋切れを僕にブース越しから手渡して来たロシア人男性がいた。
その顔は笑顔に満ち溢れ、ノートを見てと合図する、、、プレイ中だったけど、見たらそこには「きれいです」、
と可愛いひらがなで書かれ、その下にはスマイリーの絵。本当に嬉しかったよ。
プレイ中にお互いにそのノートを見て大笑いして再びLIVEへと意識を戻した。
ギリシャでも日本語で書かれた紙を渡される。中にはあまりにも日本という国が好きらしく、日本語を
惜しみなく自身の体へとタトゥーを入れてしまっていて、それをブースまで来て見せに来る愉快な人達もいた。
彼等はギリシャのある町にDJをしに行くと時は必ずやって来てくれる。嬉しいよね。
ボクたち、日本人には世界に沢山魅了出来るものを数多く送り出しているんだよ、
誤解されない様に書くけど、別に日本人が特別と言っているのではなく、純粋にポジティブにその事実を
受け取ろうと思って書いているので誤解はしないで読んで欲しいのだけど、、、
数多くの映画、書物、アニメーション、文化的要素、食、車、洋服、音楽と着目されるものは様々。
小さな島国から世界へと向けて発信している。
後は話をしていると分かるのは多くの人がドキュメンタリー番組などを見て知識を得ている事が伺える。
映画などからも日本の文化や、人種の色を感じ取ってくれているみたい。
世界の人達から感じるのは歴史や国というものをより一層深く感じようとして日常を生きているという事、、、
自分ももっともっと積極的に世界をより深く知って様々な国の人々と深く交流を持ちたいと思ってる。
ギリシャのある友人は僕の何倍もの邦画を見ていて詳しく話をしてくる、というか、聞かれて僕は彼に
答えられないものばかりで恥ずかしくさえ思った程だ。
僕は正直にここに書くけど、子供を持ち、父親となり、自身の人生を真剣に生きている自覚を持てていない頃は
どうも人と繋がるという事に意識が向けれずにいた事を憶えている、、、、閉鎖的に居たというよりは
言い訳をすると若さが故にあまりにも自分の音楽の事しか常に考えていなかった、、、という方が正しいのだけど。
自分みたいにフリーでやっていく人間にとって一番必要な要素がコミュニケーションであり、
人と人との繋がりである訳で、その部分を本当の意味で深く理解出来たのはここ数年間なのかも知れない。
ドイツ、ギリシャ、ロシア、それぞれにとても深く親交を持つ友人がこうして幾度と無く僕を呼んで
くれているのだから、、、心から感謝しなくてはいけない。
日本にも各地に行き、それぞれの場所で出会う素晴らしい人、そして友人になった人、そして遊びに来てくれる
大事なお客さん、皆に自分は支えられている事を感謝しています。いつもいつもほんとにありがとう。
そして僕の大切な家族へ心から感謝の気持ちで一杯だよ。
また今夜、最高のプレイが出来る様に頑張ろう。
昨晩もプレイ中、バックの大きなスクリーンにTINY BALANCE DVDがずっと流されていて、
皆その映像を見ながら踊ってくれていた。


HOTEL PROTONから
[PR]
by tinybalance | 2008-03-08 17:17 | MY SELF

発表会

c0016905_121155.jpg

木曜日には、ヒリイくんの保育園での生活発表会がありました。
来学期からはヒリイくんは保育園ではなく、今よりも家から距離の近い幼稚園へと入園をします。
ですので今回の生活発表会は特別な気がしました。
この園にはとても長くお世話になりました。解斗や悠生もずっとお世話になったからです。
そう思うとなかなか色々な思いが舞台の上で一生懸命に習った歌とフリを演じているヒリイくんを見て込み上げてきましたね。
当日の朝、ヒリイくんは最高に元気で、何だかハイ状態でした。
きっと今日が発表の日だという事は当然ながら分かっていたのでしょうね。
だから、ぼくらもヒリイくんを更に盛り上げて、気分はもう全開でした!(笑)
そして、ぼくらも会場へと足を運び、カメラとビデオの準備をして本番を楽しみに待っていました。
もう子ども達の気持ちは絶頂です。
一生懸命に自分達のパパママを探しては合図をしたり、何やら話し掛けています!
パパママも懸命に写真やビデオを録り始めています。
僕は、もちろん自分が懸命に子ども達の姿を録る事はこの上ない喜びを感じてる、
だけど、いつも思うのは、こうして大勢のパパママ、そしてお爺ちゃん、お婆ちゃんたちが総動員して
幼き子ども達の今しかない姿を少しでも残そうとあらゆるツールを駆使して懸命に自分の子供へと
手を振りながら撮影している姿には心を打たれるのである。
なんて素敵なんだろうと。
そんな姿を横目に僕も懸命に子ども達の姿を捉えるのである。
素直に幸せだと感じる瞬間だね。
周りを見回すと、やはり基本的にはパパの姿というものは少ない、これは仕方がない事であり、何よりも仕事を
休む事が出来ないパパが多いのは当然だ、、、でも、それでも懸命に何とか時間を割いてスーツ姿でその場に来て
ビデオや写真を必死に録り、そして終わると急いで仕事場へと向かう姿を見ると正直に涙が出る。
当たり前の事だとは思うのだけど、これは本当にある意味労力のいる事なんだ。労力とは決してネガティブな事ではなく、
幸せを感じるための労力だ。僕はそういうパパ達を見ると心が温かくなる。
ところで話が反れてしまったけど、肝心のヒリイくんの本番はというと、、、、、
バッチリと上下真っ白の準備をした衣装を着て、頭には大きなウサギさんの手作りの耳を装着し、舞台袖で準備万端な様子だった。
先生たちの誘導で一列に前のお友達の肩に手を乗せていよいよ舞台へと上がったのである。
さぁ、始まったぞ!と僕もママもニコニコしながら撮影準備完了。
何とか席へと座ったカナリヤ組のウサギチームはまず初めに一人ずつ名前を呼ばれて手を挙げ大きな声で「ハイ」
と返事が始まった。ヒリイくんは丁度ど真ん中に座っていていよいよだ。
先生が「わたなべ、ひりいくん!」と言うと、何とも舌をペロっと少し出してモジモジし、何も返事をしない!!!
僕たちは思わずズッコケて爆笑してしまった。何だよ、おい!さっきまでのあの勢いとテンションは何処へ行ったぁ、、、と。(笑)
僕たちは密かに流石は三男坊だけあって、解斗、悠生とは違い余裕だなぁなんて思っていたからね。
結局、先生に手を上げるのを手伝ってもらって返事は終了。会場もクスクスと笑いの声。
そして本番のお歌も真ん中とは思えない程シャキッとしない態度で何とか着いて行く感じで終了。
うさぎさんの耳は立派にそびえ立っていたけど。(笑)
でも、それでもとても楽しかった。
僕たちも3番目ともなればどんなイベントも気持ちが余裕なんだね。
自分達のちょっとした成長も感じた日だったな。
ヒリイくん、とにかく、素敵だった。ありがとう。そしてお疲れさま。
来学期からはまた新たな場所へと移り、是非、自分の可能性を最大限に飛躍して行って下さい!
きっと素晴らしい幼稚園生活が送れる事と思います。そう願っております。


アルバム、気合いで攻めています。頑張ります。


photo* 昨年春のヒリイくん。
[PR]
by tinybalance | 2008-03-01 12:09 | MY SELF

プロセス

c0016905_5113839.jpg

確実に毎日、アルバムの作業の終わりに向かって進んでおります。
正直に言えば、この作業は終わって欲しくないとも思っているよ。
それだけ、今の自分にとってのこのアルバムを作り上げる意味が深いのだと思う。
過去に何度かあるアルバムとして出すプロセス、それは常に同じ気持ちを持って来たけど、
やはり1曲をシングルとして出す事とは全く次元が違うし、ある意味、その時に出来る等身大を
注ぎ込む訳で、、、というか、そうでないとならなく、存在する意味が無くなる。
自分の性質、性格を少し考えると、確かに真面目に捉え過ぎる事もあるのかも知れない、、、
けど、自分が自分として生きてきて、過去、今、未来と存在するべき本当の目的は自分が認識をしようが、
しまいが変わる事はない訳だ。ならば、その生き方を更に研ぎ澄まし、出来るだけ太いものとして
生きて行きたいと強く思う。
こうして、活字にして書いてしまう事で、更に僕は自分を追い込むのかも知れないけど、
それで良い。振り返ると、自分はとにかくある一定以上のプレッシャーというものが無いと生きれないのか?
と思う。正直にプレッシャーを好んでいる自分がいる。ただ、そもそも自分はとても臆病者だし、
不安性で心配性だし、石橋を何度も叩くタイプでね、、、、情けないと思う事だらけ。
でも、もうこうして自分の今の歳になって初めて強く思える何かを感じれる様になってこれたのかも知れない。
弱さを知って強くなり、嘘を知って真実を知り、傷つける事で本当の痛みを知り、
悔しさを知って喜びを知り、寂しさを知って本当の温かい気持ちを知る、優しさ、怒り、、、、、
人間とは、どんな事であれその両方の事をしっかりと受け入れないと平常心を保てないのだろうと今は思う。
正直、20代で僕はそういう事は思えなかった。
人生観として、大まかには誰にも通過する同じプロセスがあると思う、
ただ、それは実年齢とは関係がなく、人によってはもっと早くに体験したり、遅くに体験したりと様々だよね。
そういう意味で見ても恐らくは魂レベルで見て人間には見えない年齢という物があるのだろう。
そう思うと、表だけでなく、自分の人に見えない、裏も知り、表裏を一体として生きて行きたいと思う。
生きるというプロセスと、アルバムを作るというプロセスは何ら変わりはない、はずだ。
それだけ、自分に必要な答えをまた、この作業の中で見た気がした。
心から感謝しています。

アルバムのリリース時期は恐らく早くて4月末になると思います。(なるべく遅れない様にしたいです)
早く、皆さんにお聴かせしたいと思っています。

では、この終わりたくない作業を、必死に終わらせようと思います。
後少しだなぁ。



photo* 1歳の時のヒリイくん。近所の公園で桜の花びらに興味をそそられ。
[PR]
by tinybalance | 2008-02-28 06:27 | MY SELF

充電!

c0016905_0584060.jpg

今週末は、見事に充電してました。
先週はイベント明けから猛烈にアルバム制作のラッシュを掛けていたので正直に疲れ果てました。
ですので、週末はしっかりと睡眠も取り、日中はと言えば普段なかなか整理整頓も出来なかった、
お家の僕の棚の引き出し空間を見事に片付けました!!!!(この状況は信じられない!と言われ重い腰を上げる)
しかし、やってみるとなんと気持ちの良いものか。と改めて実感をし、満足感に浸っていました。
ちょうど、この週末にサウンド&レコーディングマガジンから依頼を受けていたある機材のレビューも
書き上げておりました。(というか機材はVESTAXのVCM-100という素晴らしいDJ用MIDIコントローラーです)
実にもうかれこれラップトップを使用したDJのスタイルにしてから約4年は経つでしょうか、、、
始めの頃はと言えば、誰もがまだまだ音質や操作感、そして何よりも現場での信頼感の薄さから間違いなく
懸念されていたと思われます。(僕はファイナルスクラッチではなく当初からTRAKTORを使用)
勿論、当時、僕の過去のレコードでのプレイを知ってくれている人達からも色々な意見を聞かされており、
とにかく賛否両論でした。ただ、僕は始めたからにはその先の事しか目に入らなくなり、ネガティブな意見に
対しては強行的に無視し、断固プレイし続けて来ました。(苦笑)当初からMIDIコントローラーは使っていましたが、
VESTAXのVCI-100という更にDJ用に特化したコントローラーの出現のお陰でプレイ自体が完全に
ソフトとのシンクロ率を究極に上げてくれる事となりました。
今、現在実ほんのちょっとだけ言いますと、VESTAXで完全に僕のオリジナルで全てのノブ、フェーダー、
各ボタンの配置を変更し一新したモデルを開発中です。このモデルは僕自身がVCI-100を現場で使い込んでみて
感じた部分、改良点、良い点、悪い点を洗いざらい見直し、現場専用機として更に特化したモデルとして
作り込んでいる最中です。いつか、現場でのお披露目をする時が来る事でしょう!
という事で、話がちょっと横道に反れてしまいましたが、、、週末はのんびりと過ごし、
家族で買い物に出掛け、頭もリフレッシュです。
よ〜し、、、明日からまた猛ダッシュ、猛ラッシュかけます!ミックスダウン&ラストインスト1曲制作。
多分、全体で74分弱な感じですね、きっと。
聴き応えある内容ですが、正直にかなり深い深い世界観で攻めております。
攻めたというよりも、自然に気が付くとそうなっていたのでそれは和えてとがめませんでした。
リスナーの皆さん、もしも内容がディープ過ぎだと感じましたら、それは嬉しくも申し訳ありませんです。
今回は正に、今の自分、曽我部くんとの間で巻き起こった、何ども書いてしまうのですが、
36歳の父親同士のコラボレーションという事で許して下さい。(笑)
ただ、真面目に命を注ぎ込んでおります。
ですのである意味、確実に神髄を問う作品に成ってくれているという自負があり、
真っ正面から受け取ってくれるリスナーの皆さんへの期待には絶対に応えるつもりです。
今作品が海外リリースでは無く、日本独自の展開である意図が音には込められておりますからね。
出来れば、アナログでもリリースをと考えています。そちらはきっと出すとすればしっかりとビートを意識
したバージョンにしたいと思っております。
今回、アルバム全体通して4つ打ち系のトラックは少ないです。
ビートで聴かせる事よりも更に音の流れ、音の映像、情景、その中に溶け込む、歌声、歌詞、
それらから巻き起こるストーリーを五感全てで感じ、そして超越した六感で最後は聴き終える、、、
そんなイメージが想像されます。
作った自分が聴いていて実にディープだと感じています。(笑)
是非、年齢に関係無く多くの皆さんに聴いて貰いたいと願っております。
ではまた報告しますね。

photo* 先月のヒリイくん。早朝、窓際にて。
[PR]
by tinybalance | 2008-02-25 01:01 | MY SELF

想像力

c0016905_337565.jpg


子ども達の過ごし方を見ていて感じる事は、
やはりその大切な時間をどう過ごすのか、どんな遊びをするのか?
このへんは大人へとなる過程でとても当たり前だが改めて重要に感じて来る。
子供の頃に喧嘩をしたり、ちょっと意地悪な事をしてみたり、されたり、
という事自体大人への大きなステップだし、お勉強なのだよね。
自分達の昔を振り返れば毎日、保育園や小学校でやっていた何何ゴッコ!、
自分が完全に仮面ライダーとなり、ウルトラマンとなり、
ありとあらゆる大好きなキャラクターへと本気で変身が出来たものだ。
女の子であれば『おままごと』や『お人形遊び』、『お化粧遊び』ときっと何よりも
お母さんというものを疑似的に大変している遊びが多く見られる。
じっと、自分の心の記憶を辿って行くと、しっかりとその当時の気持ちや感覚が
見事に溢れ出て来るのが分かる。僕も妹とオママゴトはしたしね。(笑)
今でも自分の心にしまわれたとても素敵な思い出が沢山詰まってる。
その当時の空気の匂いやあらゆる情景が思い起こされて来る。
なんて楽しかったんだろうかと。
僕の時代でいうとアニメではキャシャーン、ライディーン、マジンガーZ、サイボーグ009、
松本零士シリーズ全て、もちろんドラえもん、藤子不二雄シリーズ全て、
挙げれば限りが無いくらいにボクたちの感覚を刺激するものが沢山だった。
それに加え、ゴレンジャー、仮面ライダー、ウルトラマン、と言った実写で作られた番組が
とても盛んだった時だ。その中にひと際僕を魅了したのが、『電人ザボーガー』である。
話すと大変長くなってしまうので省略するが(とにかくバイクがロボットなのだ)、、思いは強い。(笑)
想像力で遊ぶものはまだまだ沢山ある、単純にミニカー、ブロック、ラジコン、
自転車だって、子供にとっては車と化し、バイクと化す。
ブランコだって、僕にとってはスーパーカーだった。(tiny balance DVDでも書いたけど)
その他、遊びで言えば、メンコ、駒、竹馬、ローラースケート、スケボー、何でも。
遊びとは知らない間に勉強とも言え、成長をする上で大変重要なファクターであり、
絶対に子供たちにとっては必要不可欠な要素なのは間違いない。
そして自然のものとの触れ合いも忘れない。虫の声、カエルの鳴き声、鳥の声、
犬の遠くで吠えている声、ネコの喧嘩している声、木登り、探検、瓶集め(お金になった)、
近所のみんなで遊んだ、缶けり、鬼ごっこ、ドロケイ、十字架、木登り、サッカー、
やはり挙げれば切りがない。
確かに僕の子供時代からゲームセンターもあり、ゲームウォッチが出て来て、デレビゲームが
普及して、今に至っている。ゲームの内容が変わり、携帯性が究極に上がった事で
より一層に個人個人の物として完結される世界になってしまってきている。
この事は以前にも書いたが、問題が生まれて来る。注意を払わないといけない訳だ。
もっともっと、子ども達の純粋な想像力を培う遊び、そして、刺激を与えて行ってあげたい。
音楽だってとても重要な要素であるし、刺激は十分にある。
自分にやれる事は沢山あるはずだと信じたい。
まだまだ想像という事に付いては書きたい事が沢山ある。
また今度書きます。


大人にも子供にも聴いてもらえ、何かを感じるものを作り続けよう。



いよいよ、今日で曽我部くんの歌録りは終了する予定です。あとはミックスダウン。
そして、最後の僕のインストトラックを作って完成だ!!!!

photo* 数年前、お休みの日に近所のつばさ公園にキコーキを見に行った時。解斗と悠生はどんどん掛けて行った。
[PR]
by tinybalance | 2008-02-13 11:36 | MY SELF