「ほっ」と。キャンペーン

TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『Life,LOVE』、そして、、、

c0016905_1225971.jpg

LIFE,LOVEのジャケットの表紙をお見せ致します。発売は5/30となっております。

最近、親子という関係の中で考える事は多く、様々な事が見えて来ます。
ちょっと長くなりますが、書かせて頂きますね。時間のある時にどうぞ読んでみて下さい。


____________________________________________

全てのポイント、見落としてはならない事は、
子供には何も罪はなく、あくまでもその環境に放置した大人の責任だという事。
今、問題にされている子供のイジメ、そして携帯電話使用によるネットでの掲示板を使った精神的イジメや
人の痛みを感じる事の出来ない事から起こる中傷非望など、話によると実に深刻な問題が全国の至る学校で
起きているのだという、、、、紛れも無く、それは大人がしている事の全てマネである。
子を持つ親としてリアルタイムに生きている僕らにとって、この問題は非常に難しいと同時に不安があり、
近い未来に重くのしかかろうとしている事が分かる。ならば、どう実際に子ども達がその時期になった時、
僕らは対応をしたら良いのだろうか、、、問題が起きてから何かを考えていたのでは到底遅いのだと思う、、、
仮に自分の子ども達が何かの状況に巻き込まれた時、恐らくそれでは対応出来ないであろう、、、、
親の僕らが実はその時に何をするかという事よりも、その時にどれだけ本人が対応出来る能力と強さを持っていられる
のかという事も勿論関わっている。言うまでもなく、その心を育む為に手助けをし、援助し、自身で考え抜くという力を
養える事を僕ら親は常日頃から考え、対応しておく事が何よりも大事なのだと思う。
全ての情報を鵜呑みにする事は出来ないのだけど、実際に沢山の子育てに関する本や情報をみると、
やはり、それなりの要因というものが家庭環境から作られ、子供の心へ大きな影響を与えた結果として
表れているというケースが殆どなのだ。
多くの場合、それは家庭内での過保護、もしくは様々な理由から結果として放置された心の愛情不足という
この二つが特に挙げられている。時としてこれはいじめる側だけではなく、
いじめられてしまう子供の環境でも同じ様な事が多くの本で同じく挙げられている。
では、そのどちらの子も子供が悪いのであろうか?じっくりと見つめていくとそうではない事は言うまでもなく、
子供はただただ環境に必死に適応しているだけであり、まずはその環境を与えている親であり、そして学校という場所で
接触する大人、そして地域に共に暮らし接触する大人であり、結局は関わる大人全てが重要な指針となる。
子供の生まれ持った性質に寄って、その環境の中で心の中に宿る闇はどちらかに転んで行く事となる。
きっとそもそもは子供が育って行くという環境は、自然の世界同様に親との生活の中で、
ごくごく、シンプルに学ぶ出来た筈なんだろうと思う。だけど、こういう時代になり、物で世の中は溢れ返り、
動物として自然界にあるような親子関係は保つ事も困難になり、仕舞いにはこういう結果に至っているのだろうと思う。
ただ、これは正に先進国に起こる問題なのだ。
発展途上の国で、生きる事へと精一杯に日々暮らしている人々にこんな問題はそうそう起きてはいない。
皆が素直に助け合い、分かち合う、もちろんその逆で奪い合いはあるのだろう、、、
だけど、それはそれでシンプルな生きるという目的に反してはいない。(いじめとは次元が違う事柄だ)
だからと言って親子関係が崩れて行くという事はないのだ。
先進国で起こる、この非常に悲しい代々繋がって行く人間の心の闇の連鎖を、気が付いた世代で食い止めなくては
いけないのだと強く思います。
子供たちは素直だから、大人が変わらない事にはただただ純粋にマネごとをし、更にこの自体は悪化していく、、、
決して子供達に罪は無く、大人として責任ある生き方をボクたちが意識して生きているかどうかという事なんだと思う。
子供を持っている人、いない人は関係が無く、いつだってそういう事を意識して生きていかなくて行けないと思うんだ。
子ども達はいつでもボクたち大人を見ているよ。マナー、モラル、心、愛情、表情、態度、全てを子ども達は敏感に
感じている。正に自然界の動物たちと同じ様にね。(家庭で生きて居るペットであれ同じ)
虐待、これだって連鎖が巻き起こしている事が殆どなんだ、だから、そう簡単に例えばテレビを見て、またバカなやつ、、、
なんて軽率に考えてはいけない。その人がそこまでに至る理由、プロセスが誰にも見えないがあるのだ、、、、
我が子を自身で傷つけるという行為は本人もとても辛い事なんだ、、、
止めたいと思っているはず。だけど、それを止めるには必死の覚悟で自分と向き合い、何が心に潜んでいるのかを
探し、闘い、そして自身の力で癒して行かなくてはならない。親にも常に心の助けもいるし、物理的にも助けが必要な事は
沢山ある。その子供の親だけが一人で育てる事は出来ないし、それによって自分を責める事も間違っている。
だけど親から、子、そしてまたその子が親となり、また子へと連鎖している。多くのこの連鎖を食い止めなくては、、、、
親子という関係はそれだけ、今現代の中で病んでいます。
一人一人が今、家族と生きていようがいまいが、何度でも立ち止まって自分とはどんな人間かという事を
真剣に問いていく必要がある。しかも、今は地球という規模をしっかりと感じながら生きなくてはならない時代なのだ。
別に難しい事ではないと思う。ただ、素直に、人間という意味を深く冷静に、愛を持って考えるだけで良いのでないだろうか。
愛情とは良く見れば周りに至る所にあるはず。小さなささやかな愛を少しずつ吸収し、心のエネルギーに換えて行こう。
愛情を欲しくないと100%言える人間なんて絶対にいない。
誰もが素直に生きるという事を人生の中でいつだって学ばなくてはならないと思う。
[PR]
by tinybalance | 2008-04-24 12:30

今週末から、

Photobucket


舞台音楽制作も大詰めです。
さて、今週末から始まるゴールデンウィークに向けて行うツアーの告知です。
大阪、神戸、岡山に行きます。どうぞ皆さん、ご都合が合いましたら遊びにいらして下さいね。
[PR]
by tinybalance | 2008-04-23 15:43 | DJ,LIVE schedule

ALIVE

c0016905_13521751.jpg










僕がKOMPAKTから聞いていたよりも早くリリースされておりましたね。

是非、多くの人に聴いて頂きたいと思っております。
楽曲の説明を改めて少ししますと、新曲のALIVEはライブの時にだけ昨年よりプレイしておりました。
ただ、ライブ中での音源そのままではなく、シングルとして新たに作り込んで完成をさせております。
KAITOの作品の中では結構ハードで重い楽曲かもしれません。
自分の感覚ではSoul of Heartに近い感じが致します。
そして、EVERLASTING DUBはご存知の方は多いかもしれませんが、
以前にリリ−スしたKOMPAKT MIX CDに収録する為に作り上げたDUBバージョンです。
このバージョンもそもそもはライブでプレイしていたものから発生しております。
実際はミックスCDに使ったバージョンを更に今作品の為にミックスをし直して作り込みました。

音や写真にはそのままの自分の思い、心の内面が表れていると思います。
僕の知らない所、場所で、誰かがその音に触れて、何かを感じてくれるという事を願い、ある人にとって、
それがとても大切だと思えるものであって欲しいと常に願っております。

そして、またKAITOという僕の特別なプロジェクトの行く末をじっくりと感じて行きたいと思います。

ジャケットの写真はMIX CDの内側に挿入していた写真を表紙にしてます。
この写真には特別な思いを感じています。シャッターを切った時に僕自身が何かを感じている訳ではなく、
それは無意識の中で反応をした特別な瞬間であったと振り返ると思い出します。
場所は、千葉のマザー牧場。僕たち家族が大好きな場所です。丁度太陽の下で先頭を走っているのが解斗、
その後ろを悠生と聖厘偉が追い掛けています。


CISCO WEB SHOPにて発売中でした。
その他、全国のレコードショップにも順に入荷すると思います!
[PR]
by tinybalance | 2008-04-17 13:58 | MUSIC

ほのぼのデー

c0016905_193252.jpg

昨日の昼間はヒリイくんとのんびりお散歩してきました。
作業の合間で、ママは学校の父母会があり幼稚園から戻って来たヒリイくんと僕は
お菓子を食べながら地元探検に出掛けました!
幼稚園では週に一度体操の日というのがあるらしく、昨日はヒリイくんはそういう事で体操服で登園していました。
写真の格好はそれです。散歩中、調子に乗って坂道を駆け下り、足の回転が間に合わなくなり、
最後はもつれて見事に転倒、、、、ヒリイくんの両膝からは血が吹き出て、
大泣きでした。それでも強い方なので、強い強い!と励ますと直ぐに泣き止み、自慢げに歩き出すのです。凄いなぁ。
公園で二人でトカゲを探そう!という事になって一生懸命に探しましたが、まだトカゲの姿は見付ける事は出来ませんでした。
その代わりに大きなちょっと気持ちの悪い毒キノコを発見し、大興奮です。
ヒリイは毒か毒ではなく食べれるか?という事に非常に興味を持っているので大騒ぎです。
僕も見た事の無い気持ち悪いキノコでした。

作業はしばらく続きます、、、、、
また子ども達と気晴らししようっと。

そうそう、今とても素晴らしい本を読んでいます。
読み終えたら必ず紹介したいと思いますね。(子供教育に関する凄い本です)
[PR]
by tinybalance | 2008-04-16 01:13 | MUSIC

aaaaa,,,

c0016905_4424673.jpg

ああああ、更新が出来ずでした〜。
現在、様々な作業が集中している為気が付けばこんなにもブログを書いていませんでした。
すいません、、、舞台音楽の制作を二つ同時に行っている状況で、ライブやDJでした。
YELLOWのKAITOライブ、そして、昨日は寒かったですけど、お台場での渚ではKAITOでの初のアンビエントを
意識したライブセットで試みました。結果はとても良く、自分でも新たなライブの可能性に驚きました。とても良いセットでした。
また是非、アンビエントライブ、行いたいと思います。

その間に、無事、ヒリイくんも幼稚園生となり、ホッとしております。
まだまだ園に慣れるのは時間は掛かると思いますが、
そこは3番目です、カイト、ユウセイとは違い始めからかなり飛ばし気味です。
入園祝いに、ヒリイくん待望の仮面ライダーの変身ベルト(現在は仮面ライダーキバです)
その名も”キバットベルト”をプレゼントしました。
もう完全に成り切っています。変身するのにかなり時間を要しておりますが、(笑)顔が本気です。
ベルト装着したヒリイくんも近日お見せしたいと思います。
ユウセイも実はそのベルトが羨ましいらしく、こそこそと子供部屋に隠れて持って行き、装着しておりました。(笑)
何を隠そう、僕自身も保育園、小学生の時にはベルトをして何処でも変身をしていたクチですからね、気持ちはホントに分かるよ。
子供が成り切っている時というのは100%ですからね。本人にとっては全てがその世界に成っていますからね。
想像とはなんて素敵な力でしょうか!
ヒリイはヘルメットをかぶり、ベルトを着け、剣を持って、『悪いやちゅをやっちゅける!』と言い切っています。
『オバケも剣でぶちゅ』と言ってました。(笑)
我が家には最強の戦士がいるのです!

制作の日々はもうしばらく続きます。頑張ります!

photo* ヒリイとユウセイが公園の柵に一緒によじ登っていました。ヒリイはお兄ちゃんの小学生帽子をかぶっています!


僕もそうだった証拠
[PR]
by tinybalance | 2008-04-15 04:43 | MY SELF

KAITO LIVE at YELLOW

c0016905_23374358.jpg

明日は火曜日ですが、西麻布YELLOWにてKAITO LIVEを行います!
是非もしご都合が合いましたら遊びにいらして下さいね。
6月一杯でクローズしてしまいますYELLOWでのKAITO LIVEを楽しみたいと思います。

今日は子ども達は4月最初の登校でした。新学期のスタートです!
カイトは3年生に成ったのでクラス替えがありました。1、2年生は1組でしたけど、今回は3年2組となりました。
先生は大学を卒業したてホヤホヤの新米先生らしいです。サッカーの好きな体育の先生らしいです。
先生としての経験は今期からまさにスタートさせる訳です。一瞬、正直に言うと不安もあったのですが、
冷静に考えますと、誰にでも最初というものがあり、そこからスタートしている訳ですし、
その柔軟な若さを武器に色々な事を子ども達と共に試し、今後の学校での教育や道徳と深く探求して行って欲しいと
思いました。時として、ベテラン先生であっても、変に経験が豊富なだけに考え方や意見を上手く取り込めない固いタイブの先生も
いる訳です。先生こそ、大切な事は心意気と、人間力、なんだと思います。
当然、ベテランの中には本当に流石だぁ、、、と思わされる方もいらっしゃいます。
でも、今回、カイトが人生の中で出会ったこれからの2年を僕たちはその先生に期待をしようと思う。
ユウセイは1年から2年へはそのままクラスは同じです。
ユウセイの先生はと言うと、そのベテランの領域へいる方でして、素敵な方です。
僕にも振り返れば幾人もの素敵な先生との出会いがありました。
とても感謝したい事であります。
カイトユウセイの小学校の校長先生がいつも言っているのは、教育は家庭から。
正にそうだと思う。学校や先生へと過剰な期待を勝手に寄せていたり、責任を向けるという光景はよくある事です。
だけど、それは大きな間違いであり、全ては家庭の中で育む本質的な心というものがあっての事なのだと、
つくづく思わされます。その為にはとにかく夫婦の絆や連動は欠かせない訳です。
子育てとは本当に複雑で無数の事柄が重なり合って行われており、難しさは感じます。
でも、その苦しみは幸せであり、感動なのです。1日、1日がとても貴重に感じ、
彼等の成長を見逃したくは無いと心で思う日々ですね。

ヒリイはいよいよ、木曜日に年少さんで幼稚園生です!


PHOTO* 昨年のカイト。1輪車は大得意です。僕も試しに乗ってみましたが恐ろしく難しく、怖かったです。(笑)
[PR]
by tinybalance | 2008-04-07 23:38 | DJ,LIVE schedule

今晩、、、

c0016905_2295851.jpg

ここでの告知が遅れてしまいました、すいません。今晩は青山にあるAluxというところでKAITO tracks オンリーでのDJを試みます。是非、遊びにいらして下さいね。先週末はBA.BA.REEBA!というWombのアフタヌーンパーティでもDJをしてました。とても楽しかったです!!!お客さんとの距離の近い状況でのプレイはとても楽しいですね。また写真もアップ致します。

現在、フルハウスという舞台の音楽制作も稽古スタートと共に始まりました。公開は5月ゴールデンウィークからです。

More info.
[PR]
by tinybalance | 2008-04-04 22:17 | DJ,LIVE schedule

春になりましたか?

c0016905_11191090.jpg

やっと春になった様な天気ですね今日は。
でも北風が強くまだまだ寒くは感じますね。
関東地方の桜はもう何処もほぼ満開でしょうか。本当に毎年毎年、
この時期になりますと何と奇麗な花なんだろうと、見とれてしまいますよね。
日本では4月というのが学校でも仕事でも節目ですが、この春到来を感じながら、
そして美しい桜を見ながら再び新しい気持ちへ変える事が出来る事はとても素晴らしい事と思います。
新入生、そして新しく社会人となる皆様にとって素敵なスタートとなり、
素晴らしい1年が迎えられます様に!
家の目の前には児童館、公園があり、子ども達の元気で弾ける平和で幸せな声が鳴り響いており、
ついつい微笑んでしまいます。
携帯ゲームなんか持たずにガンガン外で遊びまくれ、子ども達!!!!
大人になればいくらでもやりたければやれば良い、だけど、今しか出来ない事を今して欲しい。
子供には子供の必要な事が沢山あるよ。
それは携帯ゲームを手にする事では無いと、僕はやはり思うのです。


PHOTO* 2006年の夏のカイト。夏になるといつでも真剣に虫を採る事しか考えなくなります。(笑)
[PR]
by tinybalance | 2008-04-01 11:21 | MY SELF