TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シドニー#2

c0016905_953070.jpg
c0016905_951065.jpg
c0016905_944825.jpg

[PR]
by tinybalance | 2010-09-24 09:09 | PHOTO

シドニー

c0016905_21572041.jpg
いよいよ、明日から後半戦突入です。
今日はTOBIASと共にシドニーの町を歩き回りました。足が棒みたいになる程歩いたなぁ。
僕にとっては何だか訪れた3つの都市の中で一番アメリカでの生活を更に思い起こさせられる場所でした。
色々な事がフラッシュバックして来て十数年前に自分が懸命に何かを探している姿を思い出していました。
オペラハウスは世界遺産だという事も知りませんでしたが、側まで行ってみると素晴らしかったです。
ただ、物価がとても全体的に高いです。ミネラルウォーターも高い、、、、食事もかなり高い気がする。
c0016905_2225969.jpg
いまここに居るという事の意味を最後まで探して全力を尽くそうと思っています。
また報告が出来ればしたいと思いますね。
では。
[PR]
by tinybalance | 2010-09-23 22:05 | DJ,LIVE schedule

ツアーの中で思う事。

先日のマドラウンジから写した最高の東京の夜明けをアップしておきますね。
c0016905_2122057.jpg
奇麗でしょ。

ところで、メルボルンの滞在は今晩が最後です。
明日からシドニーへと場所を移し、金曜日にシドニーのCivic Undergroundという場所でプレイして、
土曜日にはEARTH DANCE FESTIVALという約2000人規模のイベントに出演します。
その後は再びブリスベンに戻り、MANIFEST 2010でプレイし月曜日に日本へと戻ります。
MANIFEST2010も規模約3000人とかなり大きい様なので楽しみにしております。
また報告します。

唐突に正直な事を書くと、Twitterではどうも自分の場合気持ちや伝えたい事を書き切れず、
今イチ意味を見出せなかったので僕はブログで今まで通り今後も活動を載せて行きたいと思っています。
Twitterへはブログの更新や告知だけをさせて貰おうと思っています。フォローして頂いている方々には
その事を伝えておきたく、ここに書きました。

c0016905_21305886.jpg
いつもツアー中に思うのは、日本から出てまるで知らない場所へと追い出された時、
予測出来ない事が次から次へと自分へと降り掛かって来る事が、自分とは何かという事を思い知らされる
一つのミッションとなる事を感じてならない。
僕らが関わるこの音楽を通じて様々な国や場所で感覚を刺激し合い、共鳴出来るという事にいつも素直に
心から喜びと感謝の気持ちで一杯になる。人間の中にある魂には人種も何も関係がなく、皆同じだからね。
音楽のとても良い一つの側面がそういう事をある意味では瞬時に共有出来るという事なのかも知れない。
僕も気が付けば今年39歳になった。
正直、色々と深く人生の事に付いても考えさせられる。より、深く、責任のある大人として今後生きて行かなくて
行けないのである。20歳で大人となるにはなるが、そのボーダーラインは余りにも唐突で無理がある、、、
毎年の成人式の騒動がその一つだし、あれはあれで仕方の無い事でもあるのかも知れない、、、
ただ、人間誰しもが必ず平等に時間を過ごし、年を取る。いずれは誰もが自分自身を自覚しなくては行けない
時がしっかりとやってくるのだ。ただ、それも人それぞれによって時期は違う訳だけど。
もっと大きく言えば、いつどこで自分の命がこの人生の終止符を打つのかなんてのは誰にも
分からない事だからね。必ず、平等に誰しもがいつかはその時を迎える。
c0016905_2156489.jpg
僕は子供の頃、死というものをとても恐怖に思っていた事を今でも覚えているし、幾つかの時期に自分自身、
そういう事を意識せざる終えない状況というものも体感している、、、、確かに未知の事への不安はあるし、
それは考えても考えても答えの出ないどうしようもない事なのだという事へ遂には辿り着く。
ある意味で、40歳というのは通常で考えれば人間の寿命の半分であり、ターニングポイントなのだから。
多くの人がそういう事を同じ様に、同じ時期に考え出すのは無理は無いのだと思う。
ただ、結局はいつどうなるかは予測付かない訳で、毎日、全力で自分自身を感じ、誰かの為に自分の力を
使うという事に専念するしか意味がないのだと思う。存分に人生を感じ、楽しみ、悲しみ、笑い、時に悔しさや怒りもあるかも知れない、、、、
そして今、全世界がこれだけ身近になり、場所も関係無く人と人とがコミュニケーションの取れる時代ではあるが、
ある人は巨万の富をえて、ある人は食べるものを探している世界な事は何も変わらない、、、、
そんな事を考え出すと、自分は何をしてるのだろう?と責め出してしまいそうにもなる。
ジャンルも何も関係無く、ただ、今後も無心に誰かの心の中に宿る音を作り上げて行きたいと強く思うだけだ。
ツアーは自分にとっていつも気持ちを突き上げさせられるミッションなんだ。
c0016905_21575271.jpg
人間は一人では絶対に生きて行けないけど、最後、人生の最後は必ず一人なんだよね、、、
戦争の無い世界は素晴らしいと思うけど、命の重さ、尊さを知らない様な人だらけの世界は正直要らない。
どんな小さな事でも良いから自分が今、こうして生きていられるという事を感じていたい。
それぞれの人がそれぞれのミッションを持って人生に挑んでいると僕は信じているよ。
海外で、会う人皆I LOVE JAPAN, TOKYO IS ONE OF MY DREAM TO GO!と言ってくれる。
それは本当に嬉しい事だし、ありがたい。ただ、日本の中にある複雑な問題、、、沢山あるけど、
その一つに残念だが自殺者で言えば世界NO.1である、、、、これは悲しいよね。
生活がそれだけ複雑に絡み合ってうごめいているのだろうね、、、
出来れば死にたいなんて思わない世界であって欲しいし、それはあってはならない。
生きたいと強く思っている人が多くいるのも事実だから。
c0016905_21584832.jpg
全てがプラスとマイナスの関係で成立しているのだとするならば、人間にはどうする事も出来ないのだろうか?
分からない事だらけだね。
書きながらまた考え過ぎたよ。
またシドニーから更新します。
[PR]
by tinybalance | 2010-09-21 21:36 | MY SELF

メルボルンにて

c0016905_1745440.jpg
昨日ブリスベンからゴールドコーストの空港へと向かい2時間半のフライトでメルボルンへとやって来ました。
春になったばかりのオーストラリアですがメルボルン、とっても寒いです。
10度位しか気温もなく一足先に冬を感じている気分になります。
しかも想像していた以上に大きい国でした、、、、、、
車で素通りしてしまったゴールドコーストでしたが、マイアミな感じでオーストラリア全体の雰囲気は随分と
アメリカな感じがしました。正直に何だかボストン、ニューヨークにいた頃がとても懐かしくなったよ。
何処の国もそうですが、場所によって全く人の感じが違います。
オーストラリア人が言ってた通りなんですがブリスベンの人よりもメルボルンの人達の方がおおらかで人当たりが
良く、親切な気がします。
c0016905_17455670.jpg
メルボルンには夜7時半過ぎに着きまして、そのままKISS FMというラジオ局に直行、
30分程の番組にTOBIASと共に出演しました。
c0016905_17465240.jpg
ブリスベンではどのイベントもどうも沢山の人を集めるのは難しいみたいで、僕らのイベントもそれほどと言った感じした、、、、
ただ、気持ちを入れ替えメルボルンでは沢山のお客さんが来てくれてフロアーは最高に盛り上がり僕もTOBIASも
昨日のうっぷんを晴らすかの如く、最高のプレイをする事が出来ました。
c0016905_17472895.jpg
正直に初めてのオーストラリアでどの位の人が自分を受け入れてくれるのか、又は既に知ってくれているのかと
不安があったのですが昨日のイベントでその不安も全て無くなりました。多くの人が待ってくれているのが本当に
嬉しかったです。
c0016905_17481752.jpg

ありがとう。
水曜日まで少し休んで、シドニーへと向う予定です。
c0016905_17493777.jpg

[PR]
by tinybalance | 2010-09-19 17:50 | DJ,LIVE schedule

KAITO Live tour in Australia

c0016905_15171644.jpg
オーストラリアツアー始まりました。
今ブリスベンにいます。
ちょっとネットになかなか繋げれないので再度ゆっくりチャンスを見て更新します。

c0016905_1517494.jpg

春になったとは言え、結構寒いです、、、
明日は更に寒いメルボルンに移動です。
[PR]
by tinybalance | 2010-09-17 15:19 | DJ,LIVE schedule

虚構の劇団 『エゴ・サーチ』本日幕開け!

c0016905_13521742.jpg

鴻上さん率いる虚構の劇団の新作『エゴ・サーチ』が本日新宿紀伊国屋ホールにて幕を開けます!
僕は音楽を担当。話の内容が沖縄を中心とした事や鴻上さんの舞台の中では今回のものはとてもストレートな
恋愛ストーリーだと思います。笑える所も沢山あるし、感動して最後は涙してしまいます。とっても素敵な舞台ですよ。
是非ご興味のある方はご覧になってみてはどうですか?



<ストーリー>
エゴ・サーチとは、インターネット上で、自分の本名やハンドルネームで検索すること。あなたも間違いなく、一度はやっているはずだ。
最近は、自分の個人情報が漏れていないか確認するために、 有名無名関わらず、定期的にエゴ・サーチするのがいいと言う人もいる。 就職試験の時に、応募者に黙って、応募者の名前を検索することも普通になってきた。
インターネットには、あなたの知らないあなたの情報があるかもしれない。 物語は、エゴ・サーチの結果、インターネットで出会ったもう一人の自分。

氾濫する情報の波に、鈍感なまま流されていいのか?
爆発的に拡大するネット社会と、個人の関係が行きつく先は何処なのか?
鴻上尚史が現代人の'エゴ'を切り口に描く
、'いま'を生きる希望と絶望。
詳しくはこちら!


来週15日からはいよいよKaitoオーストラリアツアーです。
初めてのオーストラリアなのでどんな場所なのかとても楽しみです〜。
[PR]
by tinybalance | 2010-09-10 13:58 | MUSIC

Hyper Modern Music Salon Vol.2 -Dinosaur meets Techno-

c0016905_10393790.jpg

Red Bull Music Academy base campも無事に終了しました。実に内容の濃い深いものでもあり、
若い世代のクリエーター達、そして大ベテランのレクチャーなど僕にとっては単にチューターという
仕事だけではなくとても良い刺激にもなりすばらしい経験となりました。
来年、秋には今回の様なテスト版ではなく、本格的な2週間という長い期間を使ったMusic Academyが
過去に様々な国で行われている様に東京で開催される事が決まっている。勿論参加が決まったメンバー達は
全て滞在費用から何から何までRed Bullが持ってくれるという太っ腹ぶり。何とも凄いプロジェクトなんです。
(2週間 x 2セットで実際は一ヶ月間)
もう既に10年以上行われているものらしく、僕は恥ずかしながらその事を知らなかったのだけど、とても良い機会に恵まれたと思う。


ところで、明日9/10金曜日はマドラウンジで恐竜展とのコラボレーションイベントがありますよ。
僕もDJで参加します!是非遊びに要らしてくださいね。

2010.09.10 fri
Hyper Modern Music Salon Vol.2

-Dinosaur meets Techno-
at Tokyo City View
(Roppongi Hills, Mori Tower 52F)

DJs:
Hiroshi Kawanabe
CALM
Hiroshi Watanabe aka Kaito
Firo & Hoshi (ryoondo-tea)
Haruka Nakamura (schole / kitchen.)
no.9 (liquid note records)
Naoto Taguchi (Oilworks Rec)
Yuu Udagawa aka Vigooo
Takamori K. (E-NAUT)

Live:
evala (port / ATAK)
A. Mochi (Figure)

恐竜とテクノが出会う一夜へ。

海抜250mの天空から見渡す東京の夜景。そこに何故か佇む、地球最古の恐竜たち。こ
れらをバックに近未来的な電子音楽が鳴り響く。そんなスペシャルイベントが開催さ
れる。そして今回、Tokyo No.1 Soulsetの屋台骨を支えるトラックメイカー、川辺ヒ
ロシ。ダンスフロアに笑顔を育む、CALM。世界を舞台に活躍するHiroshi Watanabe。
WIRE10にも出演したA.Mochi。先鋭的なサウンドアーティスト、evalaなど、東京電子
音楽の最先端をリードするメンバーが集結した。何かが起きる予感が漂う。恐竜とテ
クノが出会う夜、あなたは何と出会うだろう?


タイムテーブル
[PR]
by tinybalance | 2010-09-09 10:42 | DJ,LIVE schedule