TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

VESTAX TR-1





僕がDJやLIVEで使用している機材、VESTAX TR-1について改めてちょと語りたい。
このコントローラーが生まれた経緯は既に知ってくれている人はいるだろうと思うけど、、、
とにかく、僕は改めてVESTAXというとてもユニークで、貴重な会社へ感謝しきれない思いがある。
冷静に考えて、TR-1という一つの僕の想いがこの会社が存在している事で現にこうして存在している
訳であり、これは改めて容易な事では決して無い。一つの機材を作り上げ、それをワールドワイドで発売をする
という事の大変さ、重さ、責任、それらを全て受け入れてくれた上でこの最高のマシンは存在してくれている。
改めて感謝の気持ちで一杯になる。そしてまた、そのVESTAXという会社が日本に存在しているという事を誇りに思う。
車でも家電でもどんな物でも出来上がるまでのプロセスというものは実に想像を超えるプロセスがある、、、、
時にはその物は時代や流行というものに乗るかも知れない、もしくは一部のマニアにしか受け止められないものに
なる可能性もある。TR-1というある意味やや特殊な機材は尚更正直なことろ、万人には理解してもらえない機材なのだろう。
だけど、自分の音楽と同様に世界中でこのマシンを受け入れてくれて大切に使ってくれている人達が居てくれる。
なんて素敵な事なんだろうかと想像すると思うんだ。
多大なリスクを背負いながらも全面的に協力をして頂き、この大切なマシンが僕のもとにあってくれる事を心から
感謝しています。VESTAX様、本当にありがとうございます。

今後、TRシリーズは色々と展開をしていく準備をしております。
お伝え出来る準備が出来ましたら早々にこちらへ書きたいと思っております。
現在、DJにまつわる様々な機材は刻々と変容を遂げ、昔の様には一つに定まらないとても不安定な状況です。
そんな中で、少しでも僕もこの機材を通じてDJを目指す人やプロで表現している方々の力になれたらと思っています。

VESTAX TR-1
[PR]
by tinybalance | 2010-10-31 01:25 | TOOLS

ツアーから戻りました。

c0016905_23314559.jpg
ただいま。帰りのヒコーキの中で書いた文章を以下にアップしますね。
_______________________________________________________
2010/09/27
今回の旅にはやはり自分の想像を超える何か啓示の様な物を感じてならい。どの旅であれ必ず意味はある事は同じだが。
細かな事はここには書かないでおくけど、まさしく、今の自分に何か必要としている事が旅の始まりから終わりまで正直にあった。
僕は宗教も特定して持っている訳では無いけど、自分なりに信じている思想は強くある。
色々な国に行きそこで出会った人と話をすると面白い事に実に同じ様な思想を持つ人と出くわす事が多々あるのだ。
それが音楽を通じて出会った人であろうとたまたま乗り合わせたタクシーの運転手であろうと。
これを偶然と思うか必然的に起こった事かと自分に問いてみれば答えは勿論必然だと言える。
間違いなく人生は複雑に見事に自分の知らないというか、計り知れないものによって作用しているのだと思うから。
今回の旅にはそういう意味でとても大きな意を自分に問われたものだったよ。
正直に言うと、苦しいと思う事が沢山起きていたし、その場では時に自分のキャパシティというものを超えてしまい、
感情というもののコントロールが難しくなり冷静でいるという事の難しさもまた学んだ。
ただ、得るものは大きく、その経験を出来た事に心から感謝の気持ちで一杯になっている。
自分に何某かが必要な限り、人生の中でミッションがなくなる事は無いのだろうね。
この旅で多くの事を再確認出た事はとても嬉しい。経験の積み重ねとはそう云う事だろう。
c0016905_23351276.jpg
まるで自分と考え方の違う人との出会いといのも、またとてつも無い大きな意味がそこにある。
この旅では不思議なほどこのどちらも延々と体感する事となった。
この文章は日本へと向かう飛行機の中で書いているのだけど、
その場ではやはり気が付く事の出来得なかった大事な事を思い知らされ正直に心が苦しくなる。
人はやはり支え合いお互いをリスペクトし、自分の思考を軸としてだけで物事を考えてはいけないのだと強く思うのだ。
頭を柔軟にし常に冷静であり、皆の幸せを願い、いつでも誰かの力になれる事を探し、
自分自身で自分の人生をより輝かしいものにするべきなのだろうね。
色々な気持ちが混み溢れ、何故か飛行機の中で勝手に涙がこぼれ落ちて来た。
と言うか何故なのかは自分の中では本当は分かっている。
その事を感じる為にもまさしく起こるべくして起きた僕の旅であったことは間違い無い。
今後作っていく音楽や様々な活動の中で誰かの心に響く、時代も流行りも何にも関係の無い響としてあれるもの、
エネルギーに満ち溢れたもの、そんな素敵な物をやはり作ってみたいし行動していきたい。
旅を終え、また自分の家族の元へと戻り、冷静に道中での事を振り返り真剣に生きて行こうと思う。
今はただ、多くの事に感謝の気持ちで一杯なだけである。
そして、嬉しい事に何かを創りたいという気持ちとエネルギーが心の底から湧きあげて来るよ。
[PR]
by tinybalance | 2010-10-01 23:43 | DJ,LIVE schedule