「ほっ」と。キャンペーン

TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Sync Positive

c0016905_11401129.jpgHiroshi Watanabe “Sync Positive”
ドイツのディストリビューターWord and Soundのサイトにてアルバム全曲のプレビューが出来ます!
是非ご試聴下さい。

wordandsound > Hiroshi Watanabe - “Sync Positive” on Klik (KLCD070)


Review
Át the end of April, Hiroshi Watanabe returns with his second artist album for the Athenean label, klik records. Its almost five years since the release of his last album, .Genesis., a period of time in which the Japanese veteran producer kept composing music and growing his reputation by creating two albums under his Kaito alias. Hiroshi Watanabe, one of the most recognizable and critically accepted Japanese ambassadors for house music presents his new album titled .Sync Positive.. .Sync Positive. sees Hiroshi delve even further into the techno palette with his unique flair for colouration and warmth. As a totally immersive body of work built around nine instrumental compositions and one Japanese orientated vocal track, Hiroshi Watanabe once again shows that he is capable of transporting the listener into his own musical landscape and taking us beyond the here and now.
[PR]
by tinybalance | 2011-03-30 11:41 | MUSIC

KAITO LIVE 4/2 HITSUJI at club Asia

c0016905_051229.jpg
DATE: Saturday 4月2日
TIME: 23:00
PRICE: DOOR:3500yen/1d ADV:2500yen (別途DRINK代500yen/1d) イープラス
GENRE: Techno House Jazz
ARTISTS: Kaito aka HIROSHI WATANABE, O.N.O(THA BLUE HERB)

more information
[PR]
by tinybalance | 2011-03-30 00:07 | DJ,LIVE schedule

心の充電、そして再スタート

震災から1週間が過ぎましたね、
日本人として、もしくは日本という国を選んでこの状況の中、
それでもここに留まっているくれている外国の方々皆がきっと一致団結している。
そして被災地の状況、被災者の方々の環境が少しでもより良い方向へと進み支援物資の供給、ライフラインの復旧が
進む事を心から祈っております。今でも被災地の何処かで救助されたというニュースは本当に希望を貰えます。
東京にいる僕たちはこれからも買い占めはせず、節電も続け、心を一つにしていきたいものです。
皆で心のエンジンを全開にして、必ずこの苦境を乗り越えたい!
こんな形で僕たちは今、日本という国、そして日本人という人種が世界でどう思われ、見られているか、
より感じている事だと思います。正に、僕らが今こうして僕たちの中になる確かなアイデンティティを
見つめ、受け止め、誇りを持って前進する時なのだろうと思います。

音楽には確かに力がある。
こういう時こそ心のエネルギーを充電する為に必要としている人が何処にでもいるはずだと思う。
ダウンロード第二弾は、再びKaitoの2009年にリリースをしたアルバムTrustより
It Happens SuddenlyDemo Versionをお送りします。このバージョンはアルバム収録テイクよりも
かなり硬派なサウンドで、ある意味ストレートでエネルギッシュに仕上がってます。
第一弾同様に、是非リンク広めて行って下さい。沢山の人の心へと伝わる事を願ってます。

Kaito/It Happens Suddenly "Demo Version" (17MB/MP3/320K)
Download

(iPhoneの方はそのまま聴く事も出来ると思います)
[PR]
by tinybalance | 2011-03-19 20:55 | MUSIC

東北地方太平洋沖地震

この地震によりこれだけの数の尊い命を一瞬にして奪われてしまった。
この日は決して一生涯忘れる事の出来ない記憶となり、心に深く焼き付いた事と思う。
今なお被災地でとても苦しい状況に置かれ懸命に生きている皆さんどうか頑張って下さい。
一日も早く必要な物資が届く事を願い、全てが正常化するその日までずっと心から応援しています。
そして、このとてつもない巨大な震災によりお亡くなりになられた方々へ心からご冥福をお祈り申し上げます。



僕ら音楽を作っている者は、今この震災を前にしてとてもモドカしい気持ちで一杯なんだと思う。
どうやって自分がこの何も出来ないという気持ちを整理しながら前を向けば良いのかと、、、
特に自分の場合は歌を声一つで歌える訳でもなく、今まさに節約しなくてはならない電気を使わなくては
絶対に作る事の出来ない音楽であったりする。まさしく、この出来事によりこの当たり前に供給されている
電気という存在を思い知らされてもいる訳で、、、失って初めて感じる大切さというものを見付けられるのは、
人間のサガなのだろうか、、、出来れば失う前にその大切さにもっともっと気が付き、共に共有している時にこそ、
それぞれの役割、大切さを電気の事だけでなく、無論、人という事で置き換えれば余計にその事は痛切に感じる事である。
失う前に知る。そんな単純な事がどうして出来ず、こんなにも難しいのだろうね、、、
恋人でも、夫婦でも、家族でも、友達でも、仕事仲間でも、何であっても同じ事は起こってしまうのだ、、、
生きていられる間にもっと心を研ぎ澄まし、何かを失う前に大切な事を感じられる人になりたいものです。
結局、そこには常に代え難い重き理由がある事ばかりなのだけど、、、、
話を音楽へと戻すと、僕の作る音楽は電気があって初めて成立する音楽である。
そして、その電気で作る音楽へ僕は可能な限りのエネルギーを人生を通じて注いで来ている。
シンセサイザー、コンピュータ、で作り上げられた音楽でも人の心を暖かくする事は出来ると信じて、
ずっと今まで一心不乱に作って来た。それはこれからも変わらない。
この行為は僕のこの人生の中で止める事は決して出来ないのだと分かってる。
この行為は紛れも無く、自分の命の尽きるまで続く宿命だと思っている。
もしくは言い換えれば僕自身、いつどこで何が起こるかなんて分からない人間の一生を、
いつその時が来ようと、後悔をしない人生で居られるかという答えを常に持つべく選んだ道だと信じている。
自分の行為をアートだとか思った事も一度も無い、そんな事はどうでも良いし正直興味も無い。
ただ、魂を揺さぶる、揺さぶられる行為をたまたま音楽という選択をし、し続けているだけだ。
今回の出来事も魂を想像も出来ない程に揺さぶられた。
生きているのなら燃え尽きないと意味が無いね。
そう自分に問い掛けられる日々である。

Kaitoというプロジェクトの中で「Trust」というアルバムをリリースした時に作った
The Breath Of Springという楽曲があるのだけど、この曲のファーストテイクがあってね、
アルバムに入っているバージョンとは違うバイブがまたこのテイクにはあるから、
原曲を知ってくれている人もそうでない人も是非時間があれば聴いて下さい。
気に入って貰えたら友達に回して貰って構いません。
リンクを伝えて貰って構いません。
皆でテンションを少しずつ持ち上げて行きたいと思って。
特に被災していない場所にいる僕ら、現場で苦しんで戦っている人達の為にもまず僕らの気持ちを立て直そうよ。
もう既に誰よりも先にそうして行動をしている人が沢山いる。自分もそうしたいだけなんだ。


HIROSHI WATANABE


The Breath of Spring "First take" from Kaito/Trust (16.2MB/MP3/256K)
Download


[PR]
by tinybalance | 2011-03-15 01:46 | MY SELF

sync positive

hiroshi watanabe "sync positive"

01 days
02 light to bright
03 photon
04 soul traveller
05 sublime scenery
06 message from the sky
07 sleepless dream
08 gemini
09 happiness, sadness
10 scent of tomorrow



今作品は全10曲から構成させています。
いつもの如く、僕の場合は楽曲のタイトルは全て曲が出来上がってからしか浮かんで
来ないので曲名は作業が終わった後の楽しみに取っておきます!
明日3/12仙台ADDでのReb Bull Music Academy Sessionでは今回の作品から幾つか選んで
曲を構成するときのストラクチャーを皆さんにお見せしたいと思ってますよ。
どんな風に曲を実際に細かく構成していて展開を作るのかなど、制作に使っているLOGIC PROのスクリーンショットを
お見せしながら説明もしてみたいと思ってます。
曲作りに興味のある方、是非ワークショップから参加してみて下さいね。
<adancime feat. Red Bull Music Academy Session> 3月12日@仙台CLUB ADD

@hw_aka_kaito
[PR]
by tinybalance | 2011-03-11 12:18 | MUSIC

sync positive / hiroshi watanabe

c0016905_2391768.jpg
遂にアルバムの作業が全て終わり正直にホッとしている。
HIROSHI WATANABE "Sync Positive" 4/20 on sale

今作品はギリシャKLIK RECORDSからの僕のセカンドアルバムとなる。
前作GENESISから既に知らぬ間にもう4年半も経っている事に驚く。
タイトルの事を少し書かせてもらうと、
ポジティブに自分自身が常にシンロナイズしていくという極めて単純明快な言葉ではあるのだが、
そもそもはSyncはThinkという言葉であり、所謂ポジティブスィンキングから原型は来ており、
そのThinkをSyncと置き換える事で、より僕の中でこのアルバムが出来上がったこのタイミングに必要な言葉となった訳だ。
Syncにする事により、考える事よりもそのものへと自身が連動し、人生の流れをプラスへと導くという意味合いである。
こんな世の中なので必然的にそうなって行った事もあるのだけど、自分自身が今年いよいよ40歳となるという事も
正直多いにアルバムの作風には反映されているのだと終わってから更に実感している。
物を作り続ける中で僕がいつも思う事はその人のキャパシティ以上のものは絶対に作られないという信念がある。
そういう意味でも、今作品が果たしてどれほどまた自分がこういう年齢と共に得て来た経験が作品に表れるのかという
事をとても作る前から興味がありつつも、いつもの如く、不安と期待の連続、行ったり来たりだった。
それでも、いままでのアルバム制作とはやはり違い、あえて書いてしまうと、期待感の方が勝っていた事は確か。
言葉では言い尽くせないのだけど、何か今までとはまた違うエネルギーを感じながら黙々と作業をする日々が続いた訳だ。
その間に一度ギリシャへと2週間のツアーもあり、気持ちを一旦ブレイクさせる事で、
更にアルバムを終えさせるためのエネルギーが充電され、日本に戻って来てからの作業というものは
その苦しさへと堂々と真っ正面から立ち向かえる強さを自分の中で感じていた事も間違い無い。
いつ作ってもアルバムという一つのストーリーをまとめあげる事は並な事では無いと思う。
ただ、今の自分が今だからこそ、喜びながら作っていた事も事実である。
そして再び、今作品が少しでも多くの人の心へと届いてくれる事を願っています。
是非、出来ればCDで手に取って音を聴きながら何かを感じ取って貰えると嬉しいです。
発売は日本もヨーロッパも4/20となっています。
今しばらくお待ち下さい。

最後に、今作品ではアルバムのラストナンバーにMingussに参加して貰っています。彼女には歌詞も書いて頂きました。
とても透き通った素晴らしい歌声です。アルバムに歌を入れるという事も今まででは無かった事ですが、
今作品の中でこの曲はとても重要な要素となっています。是非聴いて頂きたいです。
そして、昨年作業をしたMingussのソロアルバムもまた追って良い状況を整えてリリースしたいと思います。

MINGUSS
twitter : @MamiKonishi
http://mingussofficial.blogspot.com/

[PR]
by tinybalance | 2011-03-09 23:11 | MUSIC