「ほっ」と。キャンペーン

TINY BALANCE * hiroshi watanabe blog

タグ:kodomo ( 25 ) タグの人気記事

2013 START!!!

c0016905_20593721.jpg

改めまして、2013年の年が明けましたね。
皆様どうぞ今年も宜しくお願い致します。

僕の活動は何も変わらずただ必死に音楽を探求する事、
多くの人とその想いを共鳴させて行く事。
そしてその前に自分の人生、家族の事を軸として生きるという事を精進して行く事です。
そう、生きるという事こそが誰もが平等に持つ重要なファクターなのだろうと思います。
そしてその内容をどう実らせるも枯らせるも自分次第、誰の事でも無く自分自身だという事。
ただ、人と人、誰かが知らない場所で懸命に生きているという事がまた関係が無いかの様に見えて
実に様々な影響を受け合って人は生きている事も分かる訳です。
生きる事は自分だけの事だけでは決して無く、多くの人、心、愛情、影響をもって総合的に
支え合って成立しているのです。
さて、今年は僕は音楽制作に没頭したいと思うのです。
毎年変わらないと言えばそうなのだけど、一層そう思っている。
昨年11月から開始しているKaitoの4作目となるアルバム制作もいよいよ大詰め。
きっとリスナーの方にはアルバム発売よりもライブ会場で新曲に触れて貰う事が先に今回はなるでしょうね。
ライブでもDJでもとにかく会場に是非足を運んで頂きたいと思っています。
この音楽の醍醐味は何よりも現場にあると思ってます。
近年はネット環境の向上により誰もが余りにも気軽に誰かの発表をした作品であれ、
ライブ映像であれ、ストリーミング映像であれ触れる事は簡単になっていますが、、、
それを宣伝の為と思うのにも僕にはある程度の度が過ぎた時点で無意味にも思う事があるのです。
触れた物がネット、しかもパソコンもしくは携帯端末の画面そして小さなスピーカー、
もしくはヘッドフォンという環境では悲し過ぎます。もしそれでああこんな感じね、で終られては悲しい。
無論、その環境下に於いても凄さが伝わるものである事は大前提なのだが、、、
ダンスミュージックという音楽は極めて特有な音楽だと思ってます。
ネット上からだけの情報量で体感したと思うのは余りにも勿体ないし何より伝え切れない。
現場で既に音を体験済みの人がそれらネット上での映像なり音を楽しむには最高だと思うが、、
もしこの記事を読んでいる方の中でまだクラブやフェスなど現場に来た事の無い方がいれば、
是非来て欲しい。その場で音を体感し、よりリアルな音に込められたエネルギーを受け止めて貰いたい。
ともかくもっともっと今後も色々あれどこの音楽シーンがより活性化出来ればと思うし、
何より音楽としてしっかりと楽しさ、素晴らしさを共感しあいたいと心から思ってます。
それは極めて真面目な取り組みなんだと思う。
自分にとっては既に人生を掛けた取り組みである訳なので極めて真面目に考えている。
そうこう生きてる内に次男のユウセイも気が付けばこの4月には中学生、
いよいよ子供達も親という存在を冷静に見つめれる時でもあるだろうし、
自分という存在をより一層強く感じる年頃でもあるだろうと思います。
家族の中も人間対人間のぶつかり合いにもなって行くのだろうとワクワクするし、
親から子供達が離れて行く為のステップを確実に踏んで行く事になるのだろう。
僕ら親もそういう風に子供達と接していかなくては成らない。
なんだかんだと言ったって、表現云々している前に僕は僕である一人の人間、、、
それこそが表現の根源でもある。
生きる事で精一杯だよね。

2013年、皆さんと共に僕も頑張って行きたいと思います。


HIROSHI WATANABE

(Photo : カウントダウンパーティ@SOUND MUSEUM VISION 12/31 2012)
[PR]
by tinybalance | 2013-01-09 21:03 | MY SELF

久々に、、、

c0016905_9253191.jpg

ここ十年数年カメラを持ち続けいつでも何でも感じたままに撮り続けて来たけど、
やはり今年起きた日本での出来事は余りにもインパクトが大きく、結論も誰も出すことの出来ない
迷宮に国民が入れられてしまったことから来る困惑というものがどうしてもクリエイトする、という
行為に多少なりとも影響を与えていることは言うまでも無い。
そんな中、音楽は自分自身でもあるので人前に立つ時、一人きりでスタジオにこもる時、
精一杯どんな状況であれぶち破ろうと意識して来ている。
弱い自分を知れば知る程、それはきっと人間らしさというものも手に入れられるのかも知れないよね。
そして、いつかより強い意識を持って残りの人生を駆抜けていける力を得れるのかも知れない。
とにかく、音楽とは切っても切れない関係なことは40歳になった自分にとって分かり切った事だ。
そして、自分の唯一の趣味でもあり心を無にしてもらる写真の世界、
今の自分の気持ちに戻るまでなかなか難しかったね、、、
しかし、子供達はグングンとそんな中成長をしていってしまう訳で、、、
今まで通りバシバシ記録を撮って行かないと気が付いたら大人になってしまうではないか。
これはマズイ、、、と、再び奮起する訳です。原発の問題、現状を忘れる事はもう出来ないので、
悔しいけど、でもそれでも子供達と外で遊び彼等の生き生きとした姿を写真に収める事は
やはり自分にとって大きな喜びであり気が付くと無心に一瞬でもなれている。
再び、自分の中で音楽と写真という絶妙なバランスが戻って来ている気がしている。
勿論この間、写真を撮らなかった訳ではない、だけどどこか気持ちが入り切らなかった。
それを僕は僕の心のタイミングで今と思える振り切れる瞬間が訪れたのだと感じるよ。
音楽は自分にとっては趣味ではない、でも写真は自分にとって趣味とも言える。
これは非常に大きな違いがある。
余談だけど、ここ最近はツイッターで余りにも気軽に写真をポンポンとアップ出来るじゃない、
特に皆が使っているInstagramは本当に見事なソフトだと思う。iPhoneのカメラが見事にノスタルジック
なカメラに一瞬にして切り替えられる訳で、、、あの気軽さは大したもんだと思う。
ただ、リアルにカメラというこよなく愛するツールを持ち出し、撮りたいと思う被写体に出会った
時にシャッターを切るという行為は絶対に止めたくは無いね。そもそもスナップ写真は気軽さが
大事な訳でiPhoneであれ、良い写真が撮れればそれで良い訳だし十分だと思うよ。
だけど、この今回アップした様な写真は好きなレンズを交換してカメラ自体を持ち出さなくては撮る事は出来ない。
喜びはそこにある。
エンマコオロギを捕まえ、自慢げの何とも言えない表情をするヒリイ。
シャッターを切りながら僕は心の中で大笑い。
言葉では『ヒリイやったなぁ!』っておだてながら。


ではまた。
[PR]
by TinyBalance | 2011-10-13 09:59 | PHOTO

虚構の劇団『監視カメラが忘れたアリア』

c0016905_2343398.jpg

虚構の劇団『監視カメラが忘れたアリア』
只今、高円寺にあります座・高円寺にて僕が音楽を担当している鴻上尚史さん率いる虚構の劇団の
第4弾となる作品『監視カメラが忘れたアリア』が幕を開けております。
今回の作品は実は、2007年12月に上演した旗揚げ準備公演の再演となりますがダンスも演技もどんどん
エネルギッシュになり、パワーアップしております。若さが爆発しています!!!(笑)
是非興味のある方は高円寺まで来て下さいね〜。
そして、鴻上さんはこの虚構の劇団三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」という本で
第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞いたしました!おめでとうございます。

僕もこの三部全ての劇の音楽を担当してきておりますのでとても嬉しいです!
舞台の音楽制作はいつもとても勉強になります。舞台上では音楽はあくまでも役者さん達のサポート役でも
ある訳ですが、一つの舞台を作り上げるにあたり音楽や照明、音響、衣装、メイク、そして演出と様々な役が
一つとなって演技する役者さんを支え、最終的にお客さんに感動と喜びを感じてもらうというとても複合的で、
大勢の人の力を合わせた作品ですので、本番までの約一ヶ月間の稽古の中で何度か僕も足を運び実際に鴻上さんからの
音楽への要望だったりそれぞれのシーンでどうして音が必要かという事を聞きながらそれを形にして行くという
作業です。初めて鴻上さんに誘われてお仕事をした時はどの様にしてその演出的イメージを音に作り替えるか?という事に
やはり苦労はしました。ただ、何度も回を重ねる毎に鴻上さんの言葉から何を求められているのかという事が
見え出してからは僕も瞬間的にこんなイメージだろう!と想像が直ぐに着く様になりました。とても良い勉強になっています。
正直、僕が自分のプロジェクトを自分だけの中で完結する音楽とはまるで異なる作業でもあるし、違いはあれど、
やり切った時の快感と心地よさは同じなんです。そもそも演劇も好きだし、やはり僕は映画だったり、
映像、演技、舞踏、ダンス、何でも空間を使うイメージへと音楽をシンクロさせて行く行為そのものが好きなんだなぁと、
実感しております。いずれは絶対に映画音楽を作りたいね。
これからも舞台音楽はずっとやり続けて行きたいと思うし、もっともっと勉強をしたいなぁ。
人間って何故、大人になってから猛烈に勉強をしたくなるんでしょうかね、、、(笑)
大人になると、時間が足らない!って感じるし、だから余計に勉強をしたくなるんだろうね。

もう外では春が近づいている証拠に梅の花が咲き出しています。
今日、解斗にベランダにある解斗の育てている梅の花があるのだけど、梅の花のニオイを嗅いでごらん!って
言われて、何となく想像は出来るその梅の花のニオイを試しに嗅いでみた。僕は正直少し驚いたよ。
その梅の花のニオイはそれはそれは想像を超える素晴らしいものだった。思わず声を出して『オオオ〜』って。
その後に直ぐ聖厘偉も興味を持って嗅いでみた。聖厘偉も『本当だ〜、凄い匂いだね。バナナの匂いがする!』
って言った。僕はその言葉を聞いて、おおお、凄いなぁ子どもは、、、とまた驚いた。
素直に感じた事が心の中でいつでも弾けている。僕ももっとそういう子どもの様な心を甦らせたくなったよ。
聖厘偉の言葉を聞いて、驚きながらも僕は『そうだね〜、確かにバナナの匂いに似てるよね〜』と言った。


以下に舞台の詳しい情報を書いておきますね。


STORY
近未来、この国のあらゆる場所に監視カメラが置かれ、
人びとは見られることで安心を得ていた。
「見られる」ということは、「見ている」誰かが存在するということ。
誰かを見つめつづける義務を課された男の人生が、ある映像をきっかけに狂い始める・・・。

作・演出:鴻上尚史

出演:古河耕史 / 大久保綾乃、小沢道成、小野川晶、杉浦一輝、
高橋奈津季、三上陽永、渡辺芳博、大杉さほり、神田敦士

公演日程:2010年2月5日(金)→2月21日(日)
座・高円寺 冬の劇場14

会場:座・高円寺1

チケット代金:前売・当日 4500円  (全席指定・税込)
※当日券の販売は、開演1時間前から開始します。
※開場は、開演30分前です。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

[PR]
by tinybalance | 2010-02-07 23:52 | MUSIC

新型、、、そしてサンタさん

c0016905_12385344.jpg

新型のインフルエンザ、とても猛威を奮っております。
皆様の住んでいる地域はどうでしょうか?
遂に、解斗の4年生が学年閉鎖です。先週末、僕も音楽で参加した子ども達の学芸会も無事に
感動の中で終わり素晴らしかったのですが、その時既にインフルエンザで参加出来ていない子も多く
居まして心配しておりましたが、、、結局学年閉鎖です。
解斗は既に新型にかかってしまっているので元気なのに学校行けません。
外出も控えて下さいとの事です。辛いねぇ。
ただ、実は三男の聖厘偉くん、一昨日から高熱が出まして結局小児科で調べましたらマンマと
新型ですね!それも反応が凄いからこれは強いよ〜、お母さん、お父さん気を付けてね。
気を付けますとも。週末にはイベントもあるし、万全な体調で参加しますよ。
因みに聖厘偉はタミフルのお陰で既に熱も下がり、元気回復です。

そうそう、早くももうクリスマス。今年のサンタさんは来るか来ないか!子ども達にとっては
結構ドキドキなんだよね。
僕はずっと親にダマされていたくちです。うちの子達も聖厘偉もいるのでまだまだ当分は信じて
いて貰います。(笑)
ただ、僕はサンタは宇宙人だろうと子ども達にはいつも話しているよ。そうでないと話しが成立しない!
どうやって家に入るのか?どうやって子ども達の欲しいものを知る事が出来るのか?
どうやってそれを準備するのか???世界で何人いるのか???もう到底話しの筋が通りません。
(爆笑)
きっと子ども達はプレゼント欲しさにその辺は疑う気も無く、貰えるかどうかにばかり気を取られるという心理なんだろうなぁ。
自分はそうだった。確かにそうだった。だから、サンタさんが来なくなったある歳には、
僕は大泣きしたよ。恥ずかしいが本当の話しです。
それだけ純粋な心を持っていたんだなぁ。
だから、子どもというのはそれだけ純粋な生き物なんだよ。
素敵な事だ。



*PHOTO 解斗作のレゴ作品!
[PR]
by tinybalance | 2009-12-09 13:00 | PHOTO

こんにちは〜。

c0016905_233289.jpg

皆さんお元気ですか!
何だかまた僕はブログの更新をかなりの期間サボってしまいました。
ごめんなさい〜〜〜。

更新していなかった間に、その後KAITO TOURは無事仙台SHAFT、京都LAB TRIBE、青森Space Fourへと行って参りました。

仙台では小島君、ひろきくん、ヤッチョありがとう。
京都ではグルーブコネクション平松君、AKANESIA、レコードショップRiversideの伊藤さんありがとう!!!!
青森では、秋田君、本当にありがとうね。
無事にツアーが終了出来たのもそれぞれ各場所で協力をして下さった皆さんのお陰です。本当に心から感謝致します。
もっとこれからも精進していこうと思っています。頑張ろう。

KAITO3のニュースとしては、まだ言えないのですけどKOMPAKTよりとても素敵な企画を進行中です。
どうぞ楽しみにしいて下さい。
(また告知致します)

Kaito名義で幾つかリミックスもしました。久しぶりにBEAT MANIAの10周年企画でQUADRA名義で
リミックスでの参加をしたり、色々の10、11月でした。
その中でももっとも大変だったのは実は長男カイトの今週末が本番の小学校の学芸会での4年生の催し物が、
あるミュージカルを再現するかなり本格的なものなのだけど、その劇中の音楽を再現する事を任されまして、、、
真剣勝負しました。きっと素敵な劇を子ども達は披露してくれるだろうなぁ。(笑)
でも、自分も音楽で参加してしまったので安心して劇を観られるかどうかぁ、、、、
次男のユウセイはというと、カッパのお話らしく、こちらはもう僕は何の不安も無く心底楽しみにしております。(笑)
そうそう、カイト、ユウセイは見事に新型インフルエンザにも僕のブログ更新していない間に掛かってしまって
おりました。全国何処の小学校でも猛烈に威力を奮っているだけに大変です。3日間の部屋への隔離も大変。何よりも子ども達は
大変だったろうと思います。皆さんは大丈夫でしたでしょうか?まだまだ今後も予断は許せません、
どうぞお気を付けて下さいね。

先週は遂にヒリイくんは5歳の七五三をして参りましたよ。もう時間が早過ぎて訳が分かりません。
カイト、ユウセイ、ヒリイと同じ地元の神社で同じ神主さんに行って頂き、何だかとても感慨深い気持ちになりました。
どんどんと大きくなる子ども達。
さぁ、今月は再び一度モスクワにも行って参ります。
12/11にはMadoLoungeでDJ、Club Asiaにて今年最後のKaito Liveで出演も致します。
2009年、あと1ヶ月しか無くなってしまいましたが皆様、この寒い日本をより今よりも熱く過ごせる様、頑張って行きましょう。

それにしても、昨日の内藤VS亀田戦、、、燃えた。今日の特番も観て更に感動したよ。
どちらが勝っても負けても良かった試合だったと分かりました。



hiroshi watanabe
[PR]
by tinybalance | 2009-11-30 23:34

懐かしさと共に、、、

c0016905_041026.jpg

今日はというと、土曜日でしたがヒリイ君の幼稚園の参観日とあって
お兄ちゃん二人も同行し、どんな様子で幼稚園生活を満喫しているのかを
家族共々興味津々で偵察に行って参りました。(笑)
結果はと言えば大爆笑、、、、というか、笑っていて良いのだろうか?という程に、
ど真ん中で堂々たる態度!カスタネットは口の中に完全に入れて食べてしましうわ、、、
歌の合唱は皆と違う歌詞を口ずさみ一人で全く違うオリジナルの振り付け付き。
こ、こいつは完全にパフォーマンス DNA が入り込んでいる、、、
緊張というよりはこの場を完全にロックし、楽しんでいるではないか、、、
正直に凄い奴だ!と僕はちょっと嬉しいパパであり、
しかし正直に同じパフォーマーとしてその堂々たるオリジナリティに羨ましくもあったのだ。
ホントに将来が楽しみなのだった。

そして、その後は子ども達の楽しみでもあった地元のお祭りに行って来た。
ヒリイとユウセイは早速見付けたスーパーボールすくいで沢山ボールをゲット。
その出店のおじちゃんはとっても優しく、二人に大サービス。ありがとう。
僕はそのスーパーボールの匂いを嗅いだ瞬間に何とも懐かしい気持ちになり、
あっ、この匂いだぁ、、、と、とてもとても懐かしく、自分の幼少期を思い起こした。
今までにもスーパーボールなんていつでもお家にもあったにも関わらず、
何故か、その時にそう思った事はとても不思議な感覚だったなぁ。
そしてウルトラマンアグルのお面を見つけ、流石に800円は痛かったが、、、
この800円でヒリイがアグルに成りきれるのだからなぁ、、、と購入。
カイトはと言えばもう祭り=金魚釣り!オンリー金魚釣り、、、、、
これはこれで大変だ。増やさない様にする為のディスカッション、、、
しかし、子供は大興奮。ワタナベ家、ハチャメチャな一日でした。
フ〜。
[PR]
by tinybalance | 2009-06-13 23:37 | MY SELF

ウルトラマン再び!

c0016905_1355142.jpg

ヒリイが最近どうも幼稚園の午後の部であるカンガルー組でウルトラマンを見せてもらって
いるらしく、お友達とも完全にウルトラマンごっこで毎日盛り上がっている事が分かった。
なので、ヒリイは毎週日曜日の仮面ライダーやゴーオンジャーよりも今はなんとウルトラマンに
完全に心を奪われてしまっていたのだった。僕の中ではウルトラマンは当然自分も完全に中毒に
なる程ハマっていたので気持ちは分かるのだけど、だけど幼稚園年少さんとは随分年齢が低いのに
と驚いたのだった。ウルトラマンと言えば、確かに人間が変身して大きくなり、怪獣をやっつける
というシーンは凄いにしても、トータル的に見て内容はなかな暗いものが多かった。
まぁ仮面ライダーもそれは同じかなぁ。でも最近の仮面ライダーは随分と幼い子供向けにストーリーも
改良されて来ているのでとても見易い。とにかく、信じられない程、ヒリイはもうウルトラマンの事に
付いてかなり詳しく昔の僕が見ていた頃のシリーズから現代のものまで名前をバンバン言い出して、
ビーブイービー(DVD)を買って来て買って来てと言うので昨日ウルトラマンマックスとメビウスを
借りて来ました。もちろん大喜びで大興奮。オマケにお兄ちゃんも釣られて見入ってしまって、、、
解斗は途中で脱落、(予想通り)悠生は完全にハメられたね、ヒリイに。(笑)
もう今日の朝から小さなウルトラマン(バザーで貰ったもの)のおもちゃをヒリイとユウセイは
取り合いをして大げんかです。ユウセイは今までそんなおもちゃには目もくれなかったのに、
ビデオを見た途端にこれは僕のオモチャだ!とヒリイに強引に主張をし出したのだ、、、、
全く、小さな小さな争いがワタナベ家は絶えませんねぇ。親から離れていくまでこうでしょうね。

そう言えば、先日無事にレーシックの一ヶ月検診に行って参りまして、何も問題はなく順調に目も
回復しているとの事でした。僕の左目の乱視は良くなったり、不安定になったりともの凄く神経質に
左右の誤差を見てしまうとあるのだけど、先生に尋ねると、左目の僕の今感じる乱視は本当に数値的
にもごく微量らしく、僕がきっと感じ過ぎるという事もあるのかもしれないのだけど、驚いた事に、
とにかく、先生から見て、この乱視は今後しばらくすると、ほっておいても目の形状の変化と共に打ち消されて
消えていくものだから今後、3ヶ月、1年と経って行けば全く気にならなくなるから大丈夫ですよ!
と答えが返ってきた。これは意外にも驚きの答えだったのでためになった!
所謂、レーシック術後の乱視残りという症状は僕とは比べ物にならない程乱視が酷く残っている状況を
言うらしいです。今後、あまり神経質にならず、経過を楽しみたいと思います!!!!



PHOTO* 3歳の頃のユウセイの写真です!とっても可愛い笑顔でした。
[PR]
by tinybalance | 2008-09-23 13:37 | MY SELF

こどもたち

c0016905_13325362.jpg

皆さんこんにちは。
子ども達は元気に秋の到来を何処かで感じながらも、まだ夏は終わらないぞ〜とばかりに
延々と虫取り網に虫かごを持って公園探索に出て行っております。最近はまたムシムシしてますね。
まだまだカナブンやセミ(一生懸命にメスを求めてオスが鳴いてます)、バッタ、カマキリ、沢山です。
皆さんは大人になっても昆虫って触れますか???僕も平気だったけど、以外にもビビってしまう時が
あるのだけど、子ども達の前ではそんな姿は見せれません。こんなもんこうして捕まえるんだよ!!!
と自慢げに取っ捕まえます。(笑)でも自分が虫取り網を持ってセミを逃がしてしまった時の子ども達の
残念そうでならない感じが非常に辛いです。しょぼくれて『あ〜あ〜、、、』と一言だけ言います。
一番格好悪い瞬間です。僕は自分が一番輝いているであろう音楽のステージでの姿を家族にはまだ幾度も
見せれてはいないので、こんな時に頑張って格好良い姿を見せなくては悲しい事になります。(笑)
いつか、もう少しだけ大きくなったら僕が演奏している姿は見せたいと思う。
いつも思うが、子供たちはアッという間の瞬間に大きく成長し、
親から離れなくてはならない時期が自ずとやって来るのだ。
そん時期はもう目と鼻の先に来ている感じがする。
10歳までが一番の親子の触れ合いの時期らしい。解斗はそう思うともうあと1年。
要するに小学校4年生というのがポイントで、その辺りから子ども達はグングンと自立心を膨らませ、
自分なんだ!と自覚し、覚醒し、親という存在をより冷静に見れる様になるのだろうね。
とても楽しみだよ。
自分の事は自分で考え、強く生きて行ってくれよ。
その為にはまだまだボクたち親がさり気なくサポートをしてあげなくてはならない事は山ほどある。
その為に親である自分達がもっともっと勉強をしなくてはいけない。
人生は勉強、人間という生き物の勉強、親と子という当たり前だと思うこの間から学ぶ事は信じられない
程に、沢山ある。この環境を与えられたからにはトコトン探求したくなるね。
子育てはとても楽しく、時に辛く、大変で、でも幸せで、自分が持つ人生になんと深い意味を持たせて
くれるものだろうかと心底思うのです。
子供を通して出会う多くの人たち、そこからまた広がってゆく世界、無限大です。
支え合うという事の素晴らしさ、何度でも人生の中で振り返らなくていけないと思う。
誰もが折角この世に生まれたのだからね、世界というのも昔とは違い、もうとても狭い感覚でみれる。
悪い事ばかり考えている人間もきっと世界にはとんでもない数がいるのだけど、
でもその反対に良い事、優しい事、当たり前の事を考えられる人間も多くいるのだから、
この厳しい世の中で、もっと強調しあって行く事は必要だと思う。
ただ、生まれつき悪い人間は何処にもいない。
誰もが可愛い赤ちゃんで生まれて来る。問題なのは育つ環境なだけ。
その環境作りを皆でより大切に思い、考えて行かないと未来は変わらないね。
いつの時代でも未来の鍵は純粋な心を持つ、大人になる前の子供達なんだからね。

先週末、地元のお祭りで子ども達と共に大声を上げてお神輿を担いで地域を周り、(気持ちよかった)
子ども達はお菓子を貰って大喜びだった。ただ、その晩からどうもまず先に夫婦二人揃って体中が
なんだかかゆくなって来て、、、僕は右半身真っ赤になってブツブツが出来てしまってジンマシンか?
と何食べたっけ?とか、疲れかぁ?とか色々考えながら行き着けの小児科に駆け込んだら、先生は笑い
ながら、僕の必死の説明を一通り聞いた後、『これね、薬飲んでも効かないでしょ。(笑)ケムシだよ!
ケムシ、もしくはチャドクガという毒性の強いガにやられてるね』と言われた。ビックリ。
この時期になると、公園や幼稚園でも特に桜の木などに発生する毒性の強い毛虫がいて困るのだけど、
どうもしらない内にそのどちらかに完全に刺されまくっていたらしいのだ。
1週間経った今でも未だに跡が残る程強く、ずっとかゆみが続いた、、、、
いやぁ、しんどかった。結局気が付けば家族皆でやられてた。
どうぞ毛虫には気を付けて下さいね。(笑)



(写真は、ヒリイが9月初頭の夏休み明けで幼稚園に行く朝、踏ん張って抵抗している瞬間です)笑)
[PR]
by tinybalance | 2008-09-20 13:39 | MY SELF

心地よいね。

c0016905_257078.jpg

この時期の朝と夜は本当に心地よいね。
家族皆が寝静まった頃、レーシックのお陰で2.0の視力を手にしてしまった僕は、
夜の景色が何ともたまらなく見たくなり、フラっとコンビニに行きがてら散歩したり。
夜景の奇麗な事と言ったらない。光りの一つ一つが見事に際立ち、普段当たり前だった
光景が特別なシーンに感じる。
サーフィンを自分もやってみるか!と思えた理由の一つにも視力の回復は間違いなく
あるのだと思う。しばらくは、何をしていても感動が続くだろうね。
この恩恵はハッキリと言って計り知れないです。
最近はレーシックの事ばかり書いて読んでくれている人には申し訳ないと思うのだけど、
でも、それだけ僕と同じ環境にいる人へこの気持ちを伝えたいのも事実で、
何とか言葉で伝えられないかと思う訳です。
ところで、今日は日中に原宿のOSHMAN'Sに行って夫婦二人でとても熱心で熱血の親切な
店員さんの講義を受け、(笑)沢山のサーフィンの知識を教えてもらえ、遂にウェットスーツを
オーダーしてきました。出来上がるのに約最短で3週間は掛かるらしいです。
あとはボード選びです。ここがなかなか判断が着けにくい所です、、、、でも悩んでいる時が
一番楽しい時でもあるので決断の時までは楽しみたいと思います。
(勿論、予算の問題からいきなり高級品には手が届きませんのでそこそこのものでね)
子ども達はと言うと、明日、明後日が地元のお祭りで待ち遠しいらしいです!
カイトはもう何日も前から金魚釣りをして持って来る魚の為の小さな水槽をセッティングしてました。
毎日学校、児童館で金魚の図鑑から絵や文字を映し出して来ては自分オリジナル金魚本を
作成している入れ込み様です。あまりの熱心さに笑えます。
カエルの子はカエルと良く言いますが、、、カイトのこの思い立った時の入れ込み様やストイックさ
は遺伝としか言い様が無いなぁ!とまた心で笑えるのです。でももしかしたら、自分を越えている
可能性があるね。僕と、僕の奥さんとの更なる融合なのでこだわりという事で言えば自分よりも濃いのは
当然。さて、次男ユウセイ、そして三男ヒリイにはどんな側面で親に似た要素が出て来るか?
楽しみですよ。(笑)
ヒリイは毎日只今幼稚園の登園の朝、必ず園の入り口付近で暴れています。もう大変です。
そんなヒリイを園や先生は何とも温かく受け入れてくれて盛り上げてくれています。感謝感謝です。
ヒリイよ、是非とも揉まれてたくましくなってくれよ!究極のママBOY脱出まであとどの位掛かる
でしょうかね。(笑)気長に見届けます。ユウセイはユウセイで毎日頑張ってます。
漢字練習ではマス目一杯に大きく奇麗に書けていて、エラい。サッカーも頑張ってますよ。
僕も頑張ろうっと。

(写真は今年初夏のヒリイくんとの散歩から)
[PR]
by tinybalance | 2008-09-13 03:08 | MY SELF

夏休みも終わりですね。

c0016905_13372862.jpg

早いですね〜、、、夏休みが始まったと思ったらもう終わりです。
ワタナベファミリーでは、未だに学校の宿題を終える事の出来ないカイト、ユウセイが
焦って、最後の追い込みを毎日している所です。2週間も子ども達は沖縄に滞在したので、
今回の夏休みは最後にしてこの状況も無理も無いのだけどね。
実際に焦っているのは、子供達ではなく、親のボクたちの方だったりしてね。
自由研究は二人とも僕の指導のもとに(言って良いのかぁ?)、
題名を、『オキナワで出会ったいきものたち』としまして、
大きな画用紙にビッシリと出会った生き物の絵を書き、色鉛筆でベースの色を塗り、
今晩その上から絵の具でみっちりと塗りたくってアート的作品に完成させる予定です。
(笑)
アート的作品に仕上がるかどうか、、、子供の感性と、僕の指導が絡み合って、、、
素敵なものが出来上がる事を期待しよう!!!
札幌のマジカルキャンプに明後日から旅立ち、早々に31日夕方には東京に戻ります。
8/31日はカイトの待ちに待ったお誕生日です。
もうなんと9歳ですよ。
中身はとっても子供なんですけどね、体はぐんぐんと成長をしていますね。

術後の1週間検診にも行って参りましたが、両目とも2.0と視力も眼球もバッチリ!
でした。グレアよりも先にハロ減少が多少落ち着いていた感じが致します。
ここ2日間は左目もかなり安定している感じがしますね。順調です!!!!



(写真は沖縄旅行より:石垣島で出会ったマイチェアー持参のワンちゃん)
[PR]
by tinybalance | 2008-08-28 13:48 | MY SELF